フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

日経平均上値の重い展開か ハイテク株に売り先行

  • 2017/06/12
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 先週末の米国株式市場はマチマチ。S&P500種株価指数は0.08%下げて2431.77で取引を終え、NYダウは89.44ドル(0.42%)上昇して21271.97ドルで取引を終了した。ナスダック総合指数は1.8%の下げとなった。コミー前FBI長官の証言はほぼ予想通りの内容だったが、今後のトランプ政権への不透明感は払拭出来ないことや、英国総選挙の結果を受けて、積極的な買いは手控えられた。アップルなどテクノロジー関連株に悪材料が重なり、業績の先行き不透明感が広がった。今週は、FOMC、イングランド銀行や日銀、スイス国立銀行が政策決定会合を予定している。
 先週末のNYMEXのWTI先物7月限は前日比19セント(0.42%)高い1バレル=45.83ドルで取引を終了。材料がない中、押し目買いなどが入り、反発となった。
 本日の日経平均は上値の重い展開か。先週末のナスダック総合指数が大幅下落となったことなどから、東京株式市場ではハイテクセクターに売りが先行となりそうだ。引き続き為替相場を睨みながらの展開となりそうだ。

【買い材料】

・NYダウ上昇(21271.97、+89.44)
・金融規制改革法(ドッド・フランク法)見直し法案が米下院で可決
・欧州株式市場-堅調、ポンド安で英FT100は5日ぶり反発
・NY原油先物-値ごろ感から小反発も、上値は重い(45.83、+0.19)
・日銀のETF買い入れによる需給下支え期待
・好業績やテーマ株など物色意欲強い

【売り材料】

・米アナリストによる主要ハイテク株への投資リスク警告
・NY為替-米株が伸び悩み、ドル円110円後半から失速
・CME225先物は大阪取引所比で下落(19915、-35)
・恐怖指数VIXは10.70、前日比上昇
・英総選挙、与党が過半数割れで敗北に
・トランプ氏、米コミー前FBI長官へ司法妨害の可能性
・米大統領弾劾への警戒感
・北朝鮮地政学リスク
・トランプ政権、政策運営に不透明感
・中東主要国がカタールとの国交断絶を発表

【その他注目点】

・オーストラリア(女王誕生日)、休場

・米債券市場-続落、投資家のリスクオフが後退
・欧州債-独債は小反落、英債は反発
・NY金先物-3日続落、リスクオフの後退やドル高で

・米4月卸売在庫・確報値(前月比)-0.5%〔予想 +0.2%〕(前回発表値 -0.3%)
・米4月卸売売上高(前月比)-0.4% (前回発表値 ±0.0%)

・米司法長官、コミー氏の発言めぐり13日に議会証言の意向 
・米大統領、財務副長官にファニーメイ顧問を指名へ=アクシオス
・米歳入減を懸念せず、債務上限引き上げ失敗でも代替案存在=財務長官
・米燃費規制見直し、13州が反対表明 「緩和なら法的措置検討」
・IMM通貨先物、ドル買い越し額が3週間ぶり増加
・仏下院選1回投票、マクロン氏の新党が圧勝の見通し
・英国のEU離脱交渉、予定通り始まると認識=独首相
・習近平・中国主席の訪日調整
・上海証券取引所、カザフスタンの国際金融取引所の設立で協力
・英総選挙(下院、定数650)の結果-与党・保守党が318議席、最大野党の労働党が262議席
米WD、東芝半導体買収に最低2兆円提示へ 15日までに表明=関係者

《スケジュール》

08:50  4月機械受注
08:50  5月企業物価指数
11:00  中古車販売台数(5月)    
15:00  工作機械受注(5月) 

16:00  トルコ・GDP(1-3月) 
13日00:30  米財務省、3年債(240億ドル)入札
13日02:00  米財務省、10年債(200億ドル)入札
13日03:00  5月米月次財政収支

☆場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー