フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

東京株式市場、リスクオフムード台頭か 懸念される北朝鮮情勢

  • 2017/06/08
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 米国株式市場は小反発。S&P500種株価指数は前日比0.15%上昇して2433.14で終え、NYダウは37.46ドル(0.17%)高の21173.69ドルで取引を終了した。ナスダック総合指数は0.35%の上昇。コミー前FBI長官が8日に行う議会証言の内容が明らかになり、米大統領選でのトランプ陣営とロシアとの関係について特段新たな事実は含まれておらず、買いが優勢となった。米10年債利回りの上昇が手掛かりとなり金融セクターが上昇。一方では米エネルギー省の統計で原油在庫の増加が示され、エネルギーセクターが下落となった。市場は、8日に集中する欧米重要イベントを控えて様子見ムードであった。
 NYMEXのWTI先物7月限は前日比2.47ドル(5.13%)安い1バレル=45.72ドルと、3月8日以来の大幅安で取引を終了。米原油および石油製品の在庫増加を示す週報が発表されたことを嫌気され、大幅下落となった。
 早朝、北朝鮮が複数の飛翔体を発射し、飛翔体は元山からの地対艦ミサイルとみられる、と聯合ニュースが報じた。地対艦弾道ミサイルとみられる飛翔体を発射したと報じられたことで、為替市場でやや円高基調となった。「米国より先に日本を焦土化できる」 と朝鮮平和擁護全国民族委員会の声明を朝鮮中央通信が報じた。
 本日の日経平均は、2万円を意識した攻防となりそうだ。欧米の重要イベントを控え様子見ムードが漂う展開と想定される。引き続き為替相場を睨みながらの展開か・・・

【買い材料】

・米国株式市場-3日ぶり小幅反発 金融株など幅広い銘柄が上昇するもエネルギー株が重し
・NYダウ上昇(21173.69、+37.46)
・恐怖指数VIXは10.39、前日比低下
・ECBよるインフレ見通し引き下げ観測
・CME225先物は大阪取引所比で上昇(19990、+40)
・マザーズは年初来高値を更新
・日銀のETF買い入れによる需給下支え期待
・好業績やテーマ株など物色意欲強い
・日銀、景気判断引き上げ検討 早ければ今月にも=関係筋

【売り材料】

・北朝鮮、複数の飛しょう体発射 地対艦ミサイルか=韓国軍
・NY原油先物-急反落、原油在庫増で5%超下落(45.72、-2.47)
・ロンドン株式市場=下落、総選挙を前に警戒感広がる
・欧州株式市場=続落、銀行や公益株は底堅く
・米大統領弾劾への警戒感
・北朝鮮地政学リスク
・トランプ政権、政策運営に不透明感
・中東主要国がカタールとの国交断絶を発表
・テヘラン(イラン)でテロ発生

【その他注目点】

☆ドラギECB総裁、定例記者会見
☆コミー前米連邦捜査局(FBI)長官の上院公聴会
☆英総選挙
・米財務省3年、10年、30年債入札条件

・NY為替-ドル円109円後半、原油暴落で加ドルは軟調
・米債券市場-反落、イベント前に調整が主導
・欧州債-反落、ECB理事会思惑で利回りは一時低下
・ユーロが対ドル下落、ECB理事会控え不安定な値動き=NY市場
・NY金先物-4日ぶりに反落、利益確定売り

・米MBA住宅ローン申請指数(前週比)+7.1%(前回発表値 -3.4%)
・米4月消費者信用残高 +81.97億ドル〔予想 +155.00億ドル〕(前回発表値 +164.31億ドル)

・米エネルギー省(EIA)週間石油在庫  2017/6/2 時点
原油 +329.5万バレル(前週 -642.8万バレル)
ガソリン +332.4万バレル(前週 -285.8万バレル)
中間留分(含む暖房油)+435.5万バレル(前週 +39.4万バレル)
原油受け渡し地点オクラホマ州クッシング原油在庫
-144.4万バレル(前週 -74.7万バレル)

・トランプ氏が捜査から手を引くよう要請、「忠誠が必要」=コミー氏
・米FBI長官に元司法次官補のレイ氏、トランプ氏指名へ
・トランプ大統領「オバマケアは死のスパイラル」、議会の行動促す
・米税制改革、年内に議会承認へ=国家経済会議委員長
・ロシアの米大統領選関与疑惑、新たなハッカー攻撃判明
・ドイツ銀、UBSなどへのボルカールール適用に猶予=FRB
・サンタンデール銀がポピュラール救済、株主や債権者ら損失負担
・ルノー・日産、ゴーン氏後継模索 統合加速へ=関係筋
・中東情勢の「トランプ化」、ドイツ外相が警告
・テヘラン襲撃で12人以上死亡、革命防衛隊「サウジ関与」
・東芝半導体事業売却交渉先15日にも選定、ブロードコム優勢の声

《スケジュール》

08:50  4月国際収支速報
        経常収支
    貿易収支
08:50  1-3月期実質国内総生産(GDP)改定値
08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
11:00  オフィス空室状況(5月)    
13:30  企業倒産(5月) 
14:00  5月景気ウオッチャー調査

08:00  5月英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格
10:30  4月豪貿易収支
未定  5月中国貿易収支
14:45  5月スイス失業率
15:00  4月独鉱工業生産
15:45  4月仏貿易収支
15:45  4月仏経常収支
16:15  5月スイス消費者物価指数
18:00  1-3月期ユーロ圏GDP確定値
20:45  欧州中央銀行(ECB)定例理事会、終了後政策金利発表
21:15  5月カナダ住宅着工件数
21:30  ドラギECB総裁、定例記者会見
21:30  4月カナダ新築住宅価格指数
21:30  前週分の米新規失業保険申請件数
23:00  コミー前米連邦捜査局(FBI)長官の上院公聴会(ワシントン)
23:30  ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁、記者会見

☆場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー