フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX・商品情報

マーケット情報

株式・FX・商品情報

日経平均4日続落か 欧米政治不安、円高基調を嫌気

  • 2017/05/31
  • フジトミ証券
  • アジアタイム

 米国株式市場は反落。S&P500種株価指数は前営業日比0.12%安の2412.91で終え、NYダウは50.81ドル(0.24%)下げて21029.47ドルで取引を終了した。ナスダック100指数は上昇。8営業日の続伸で、過去最高値を更新した。原油相場の下落を嫌気し資源関連セクターが軟調に推移した。一方で、個人消費の伸びが示されたことから株価指数の下げは限定的となった。4月の米個人消費・所得は市場予想通りに拡大となり、PCEデフレーター(前年比)も市場予想通りで2ヵ月連続の減速となった。米消費者信頼感指数は市場の予想を下回り2ヵ月連続の低下となっが、水準は高く、消費者マインドは良好な状態を示唆した。また、ABCニュースによると、トランプ大統領の顧問弁護士を務めるコーエン氏がロシアゲート問題で米議会下院・上院の調査を受けているとのこと。引き続きトランプ政権の不透明感が上値を圧迫しそうだ。
 NYMEXのWTI先物7月限は前営業日比14セント(0.28%)安い1バレル=49.66ドルで取引を終了した。ベーカー・ヒューズが前週末発表した最新週の国内掘削リグ稼働数は19週連続で増加。米国内での増産がOPEC主導の協調減産効果を相殺するのではないかとの思惑が懸念された。
 本日の日経平均は4日続落か。円高基調やイタリア選挙への不透明感、ギリシャ債務問題、メイ英首相の保守党、過半数議席維持できない可能性との報道、トランプ大統領、ドイツを改めて批判し、欧米の亀裂深まっていることなどが懸念される。日銀のETF(上場投資信託)買いへの期待で下値も限定的となるだろう。
 5月の中国の製造業PMIが発表される。中国の景気を巡っても減速懸念は根強い中、悪化となれば、東京㈱市場では需要減少を警戒する動きがでるかもしれない。

【買い材料】

・米アマゾン株が1000ドルの大台突破、アナリストは一段高を予想
・米ケースシラー住宅価格指数、3月予想上回る
・マザーズ指数は8日続伸、テーマ株物色活況
・国内設備投資、4年ぶり2ケタ増へ
・上場企業の配当、5年連続で過去最高更新
・日銀のETF買い入れによる需給下支え期待
・好業績やテーマ株など物色意欲強い
・政府、AIなど重点5分野に

【売り材料】

・米国株式市場は下落、エネルギー・金融株が安い S&P、ナスダックが8日ぶり反落
・NYダウ下落(21029.47、-50.81)
・ドル下落、株安などで円・スイスフランに逃避買い=NY市場
・ロシア疑惑巡る米議会調査、トランプ氏顧問弁護士も対象に=ABC
・ロンドン株式市場=反落、ポンド持ち直し輸出株に売り
・欧州株式市場-続落、政治不安と弱い指標が重しに
・NY原油先物-下落、OPEC会議以来上値が重い(49.66、-0.14)
・恐怖指数VIXは10.38、前日比上昇
・CME225先物は大阪取引所比で下落(19625、-45)
・米大統領弾劾への警戒感
・北朝鮮地政学リスク
・トランプ政権、政策運営に不透明感

【その他注目点】

・米債券市場=月末の調整買いで利回り低下、年内利上げは1回との見方強まる
・欧州債-続伸、ドイツのCPIが弱い
・NY金先物-政局不安も高値警戒感から利食い優勢に
・ビットコイン投資尺度なく価格乱高下

・米4月個人所得(前月比)+0.4%〔予想 +0.4%〕(前回発表値 +0.2%)
・米4月個人消費支出(前月比)+0.4%〔予想 +0.4%〕(前回発表値 ±0.0%)
・米4月コアPCEデフレーター(前月比)+0.2%〔予想 +0.1%〕(前回発表値 -0.1%)
・米5月ダラス連銀製造業活動指数 +17.2(前回発表値 +16.8)

・米安全保障省、機内PC持込禁止拡大をなお検討 週内の発表はない
・トランプ氏がドイツ政策批判、亀裂鮮明に
・トランプ氏「上院規則変更を」、重要政策の迅速な立法化求める
・トランプ氏、スタッフ変更模索 コミュニケーション担当側近が辞任
・米公定歩合、2連銀が5月会合前の引き上げ支持=議事要旨
・早期の利上げ予想、軟調なインフレを注視=ブレイナードFRB理事
・メイ英首相の保守党、過半数議席維持できない可能性=YouGov調査
・5月ドイツCPIが鈍化、ECB緩和解除圧力和らぐ
・韓国大統領、THAAD発射台追加搬入で調査指示 事前報告なく
・日中、7月首脳会談へ調整

《スケジュール》

08:50  4月鉱工業生産速報
13:30  石油統計(4月分) 
14:00  4月新設住宅着工戸数
17:00  当面の長期国債等の買い入れの運営について公表(日本銀行) 
19:00  外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)

08:00  ウィーラー・ニュージーランド準備銀行(RBNZ)総裁、記者会見
08:01  5月英消費者信頼感指数
10:00  5月中国製造業購買担当者景気指数
10:00  5月中国・非製造業PMI
10:00  5月NBNZ企業信頼感
15:00  4月独小売売上高指数
15:45  5月仏消費者物価指数(CPI)速報値
15:45  4月仏卸売物価指数(PPI)
16:20  クーレ欧州中央銀行(ECB)理事、講演
16:55  5月独雇用統計
17:30  ビスコ・イタリア中銀総裁、講演
17:30  4月英消費者信用残高
17:30  4月英マネーサプライM4
18:00  4月ユーロ圏失業率
18:00  5月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値
20:00  MBA住宅ローン申請指数
21:00  カプラン米ダラス連銀総裁、講演
21:00  1-3月期インドGDP
21:00  4月南アフリカ貿易収支
21:30  3月カナダGDP
     1-3月期カナダGDP
21:30  メルケル独首相、ラウテンシュレーガーECB専務理事、講演
22:45  5月米シカゴ購買部協会景気指数
23:00  4月米住宅販売保留指数(仮契約住宅販売指数、予想:前月比0.5%)
1日03:00  米地区連銀経済報告(ベージュブック)
未定   ブラジル中銀、政策金利発表

☆場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー