株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

東京株式市場 欧米株高を交換して上値トライ?

  • 2016/07/01
  • FUJITOMI
  • アジアタイム

 30日の米株式市場は上昇。S&P500種株価指数は前日比1.4%高の2098.86で取引を終了。NYダウは235.31ドル(1.3%)上げて17929.99ドルで終え、ナスダック総合指数も1.3%の上昇となった。欧州株高の流れを受け、寄り付きから強い買いが先行した。イングランド銀行のカーニー総裁が夏場に追加緩和を示唆したことや、欧州中央銀行の債券購入ルールの緩和検討が報じられたことがてがかり。欧州為替市場でポンド安が進む中、英国株が堅調な地合いとなり、FT100は終値ベースで2015年8月18日以来、10カ月ぶりに6500pt台を回復した。一方で、金融株では、バークレイズが0.47%高となったが、RBSが4.77%安と大幅下落。米FRBストレステストの結果でサンタンデール銀とドイチェ・バンクが質的な問題があるとされ、ドイチェは2.65%安、サンタンデール銀は1.35%安で軟調。NYMEXのWTI先物8月限は前日比1.55ドル(3.11%)安い1バレル=48.33ドルで終了した。世界的な需給緩和観測や利益確定の売りなどが背景。NY為替市場でユーロが3日ぶりに下落した。ECBが追加緩和を実施するために資産購入ルールの緩和を検討しているとの観測が背景。CME225先物9月限日経先物(円ベース)の清算値は前日比±0円の15740円。同日の大証終値(15510円)比230円高だった。出来高は61511枚。OSE225先物ナイトセッションも15740円で引け、出来高は26338枚だった。イングランド銀行とECBが「ブレグジット」対応で追加の金融緩和の動きをみせはじめようとしている。本日の日経平均は、欧米の株高を好感し買いが先行して始まりそうだ。今月は、日銀は政府への催促相場となる展開か??

【買い材料】

・政府 日銀、円売り介入視野
・英中銀総裁、今夏の利下げを示唆
・米国株式市場-大幅3日続伸 BOEが金融緩和を示唆
・NYダウは上昇(17929.99、+235.31)
・ナスダックは上昇(4842.67、+63.43)
・欧州株式市場-続伸 英・欧の緩和姿勢を好感
・欧州債-続伸 英・欧緩和強化の見方が金利押し下げ
・NY為替-英欧緩和で欧州通貨下落も総じてリスク選好
・CME225先物は大阪取引所比で上昇(15740、+230)
・恐怖指数VIXは15.63、前日比低下
・10兆円を超える規模の補正予算を求める意見
・5月着工の住宅戸数、5か月連続で増加

【売り材料】

・EU離脱のドミノ警戒
・EUの長期信用格付けを「AAプラス」から「AA」に格下げ-S&P
・NY原油先物-反落 生産量が過去最高に達したとの見方(48.33、-1.55)
・トルコ空港テロなど地政学リスク
・英EU離脱の金融市場への影響
・米ストレステスト、ドイツ銀が再び不合格

【その他注目点】

・休場:カナダ、香港、タイ
・米債券市場-まちまち 欧金利低下と米株高の間で荒っぽい
・CRB指数-反落 大豆、天然ガスが上昇 暖房油、トウモロコシが下落
・NY金先物-小反落 売り・買いの材料混在で方向が定まらず
・セラクが東証マザーズに新規上場
・きょうから国連安保理の議長国に

・カーニーBOE(イングランド銀行)総裁
「景気見通し悪化、夏にかけ刺激的な金融政策が必要」
「ポンドの弱さは実質所得を低減、貿易の押し上げは不透明感により限定的」
「MPCは7/14会合で当座の評価を行い、8月会合で追加の選択肢について議論」
「政策金利が低くなりすぎれば、銀行収益への打撃が信用の棄損につながるだろう」
「BOEが英EU離脱による経済の大打撃を完全に相殺できないのは心地よくないが事実」
「英国が景気後退に直面しているかには言及せず」
「早急な行動にメリットがある
「緩和手段は銀行金利だけに限らない」
「選択肢は前回の危機でBOEが行ったことに限らない」

・英EU離脱による不透明感の影響は、7/19の次回成長見通し改定に反映される見込み-IMF

08:30  家計調査(5月)  
08:30  消費者物価コア指数(5月)  
08:30  有効求人倍率(5月)  
08:30  失業率(5月)  
08:50  日銀短観(DI)(4-6月)  
14:00  消費者態度指数(6月)  
14:00  基調的なインフレ率を補足するための指標速報(日本銀行)   

10:00  中・製造業PMI(6月)  
10:00  中・非製造業PMI(6月)   
10:45  中・財新製造業PMI(6月)  
14:00  印・製造業PMI(6月)    
17:00  欧・ユーロ圏製造業PMI改定値(6月) 
17:30  英・製造業PMI(6月)    
18:00  欧・ユーロ圏失業率(5月)  
21:00  ブ・鉱工業生産(5月)  
22:00  ブ・製造業PMI(6月)    
23:00  米・建設支出(5月)  
23:00  米・ISM製造業景気指数(6月)  
27:00  ブ・貿易収支(月次)(6月)    

《決算発表》

地域新聞社、トシン・グループ、ケイティケイ、ミタチ産業、日本フイルコン、放電精密加工研究所、ニューテック、良品計画、ユニーグループ・ホールディングス、UCSなど

場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • 個別WEBセミナー
  • リモートサービス