フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

日経225は8月下旬から9月にかけて相場の節目!

  • 2020/07/15
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • 欧州タイム

 

★日経225の中期トレンドを示す一目均衡表の週足では、8月下旬週から9月中下旬週にかけて雲のネジレがあり、トレンドの反転や加速など相場の節目となりやすい。

一目均衡表の雲の中から、雲上限をじわりと上抜けしてきたことで上向き期待が高まる。しかし、6月5日週も一旦雲の上限を上抜けしたものの、翌週には再び雲の中に押し戻される展開となった。そのため、今後の展開がポイントとなる。

押し戻された後は、雲の上下限が抵抗体となり雲の中で推移していた。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、高水準で横ばいとなっており、トレンドレス状態となっている。トレンドが継続すると高水準で横ばいとなり、売りシグナルが継続するダマシが発生するので注意が必要となる。

転換線(赤線)は緩やかに上向きとなっていることから、9週間の高低の中心値が上昇基調にあることを示している。一方で、26期間の中心値の基準線(青線)と52期間の中心値の先行スパン2の当日線(黒線)が重なり、横ばいとなっていることから相場の方向性が出ていない。

8月下旬から9月にかけて相場に動きが出てくる可能性が高い。そして、11月27日週も再び雲のネジレがあることから、再び相場の節目がやってくる可能性がある。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス