株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

日経225は25日SMAを下抜けると半値押しまでの下落も!

  • 2019/07/17
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • 欧州タイム

 

★日経225の日足では、高値圏でのもみ合い相場となっていたが、6月4日安値20,289円を起点として6月26日安値21,035円を結んだトレンドライン(S1)を下抜けしてきており、下押し圧力が強まる可能性が高まってきた。

昨日5日SMA(赤線)10日SMA(黄線)さらに200日SMA(紫線)を下抜けした。本日も一時75日SMA(緑線)100日SMA(黒線)25日SMA(青線)のサポートラインを下抜けした。ただ、引けにかけて持ち直して終了した。そのため、明日も25日SMAを維持出来るかが焦点となる。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%DがSlow%Dを下抜け両線とも緩やかに下落基調となっており、下押し圧力が強まってきている。

 

まとめると、高値もみ合いとなっていたが、にわかに下落シグナルが出始めている。本日サポートラインとなったSMAを維持出来るかが焦点となる。もし、下抜けするようなら、6月26日安値の21,035円と6月4日の直近安値20,289円と7月2日の直近21,784円の半値押しの21,035円重なることから、非常に強いサポートラインとして意識される。一方で、反転するようなら、200日SMA21,576円を回復出来るかが注目される。また、再びS1を超えてさらに高値レジスタンスとして意識されている260日(茶線)を上抜け出来るかが焦点となる。

投機筋は米国株買い日経225売りのポジションが主流となってきており、日経225の戻り上値の重石となっている。日本株の買い材料が乏しいことも上値を抑えている。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス