株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

日経225はネックラインを越えられるか?

  • 2020/04/13
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★日経225の日足では、ロウソク足は上向きの5日SMA(赤線)の上方に位置している。さらに、5日SMAが10日SMA(黄線)25日SMA(青線)を上抜けるゴールデンクロスしており、戻り基調が継続している。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)も%DがSlow%Dを上抜け両線ともかい離幅を広げながら上向きとなっている。そのため、上向きバイアスが強いことを示している。

下値を切り上げるダブルボトムとなっていることから、3月25日高値19,564円のネックラインを上抜け出来るかが最大の注目点となる。

ネックライン近辺では、利益確定売りが入りやすく上値を抑えることが多い。そのため、上抜け出来るのか、それとも再び下値模索の動きになるのかが焦点となる。

その際は、3月19日の安値16,358円を起点として4月3日の安値17,647円を結んだトレンドライン(S1)を維持出来るかが重要なポイントとなる。

本日はダブルボトムのネックラインを上抜けできるのか、それとも一旦利益確定売りから下落調整となるのかが注目点となる。上抜け出来るようなら、心理的な節目となる2万円が次の上値目途となりやすい。

 

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • 個別WEBセミナー
  • リモートサービス