株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

日経225の週足では200週SMAが下値目処か!

  • 2019/05/31
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • 欧州タイム

 

★日経225の週足では、2016年以降200週SMA(紫線)近辺で下げ止まりサポートラインとして意識されている。

現在200週SMAは19,868円に推移しているが、30日終値20,942.53円とPBR1.05倍から計算するとPBR1倍割れの節目は19,900円の0.9977倍となる。

ほぼ200週SMAと一致していることから、サポートラインとして意識されやすい。

ただ、13週SMA(赤線)26週SMA(青線)52週線(緑線)が下向きとなってきていることから、それぞれのSMAがレジスタンスとして意識され上値の重い展開が続きそうだ。

 

12月28日週の安値を起点として、3月29日週安値を結んだトレンドライン(S1)を5月10日週に下抜けしたことで、下落基調が継続している。

 

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)では、%D:48.82がSlow%D:62.62を下抜けかい離幅を広げながら両線とも下向きとなっていることから、下落の勢いが強いことを示している。

 

まとめると、中期的投資判断では『売り』ということになる。ただ、200週SMA近辺とPBR1倍割れ近辺ではそれぞれサポートラインとして意識されることから、反転する可能性も高い。ただし、上値では各SMAがレジスタンスなりやすく戻りも鈍い展開が予想される。

200週SMAとPBR1倍割れを下抜けした場合、12月28日安値18,948円が下値目処となる。18,900円のPBRは0.9476倍となる。

 

一目均衡表の値幅観測論から計算値を計算すると、N計算値:16,863.43円、V計算値:15,534.24円、E計算値:13,449.09円、NT計算値:20,277.77円となり、下値目処の参考値となる。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス