株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

日経225の日足では様子見!

  • 2019/05/20
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • 欧州タイム

 

★日経225の日足では、18年12月26日安値と19年3月25日安値を結んだトレンドライン(S1)を5月8日に窓を空けて下抜けしたことでアイランドリバーサルとなった。4月24日高値と5月10日高値を結んだトレンドライン(R1)をじわりと上抜けしてきた。そのため、5月14日安値と5月16日安値を結んだトレンドライン(S2)がサポートするかが焦点となる。

移動平均線では、75日SMA(緑線)21,416円がレジスタントなり、ロウソク足も2日連続『上十字線』となり騰勢の鈍化が見られる。75日SMAが早期に上抜け出来ないと上値の重さが意識される。

ただ、下値では5日SMA(赤線)の21,174円が上向きとなってきており、100日SMA(黒線)の21,185円とともにサポートラインとして意識される。

 

出来高では、5月14日の安値を付けた時がピークとなり、価格は上昇しているものの、出来高は徐々に減少傾向となっている。上値追いには出来高の増加が必要となることから、このまま減少傾向が続くようなら再び下落基調となりやすい。

 

RSI(パラメータ:14、28、20、80)は、短期線(緑線)は20%近辺から緩やかに戻り基調となっている一方で、中期線(赤線)は50%を若干下回る位置で横ばいとなっている。短期線が上向きとなり中期線を上抜けし、50%ラインを上抜けするまでは本格的な戻り基調になりにくい。

 

結論的には、戻り基調とはなっているものの現状では『様子見』となる。まずは75日SAMを上抜け出来高が増えてこないことには、上値追いはかなり難しい。明日以降も75日SMAがレジスタンスとして意識されると、連日『上十字線』で騰勢の勢いが鈍化傾向にあることから、下押し圧力が強まる可能性がある。その際は、サポートラインや5日SMAと10日SMAがサポートとして意識される。しかし、下抜けすると5月14日安値20,751円が視界に入る。

一方で、出来高が回復し75日SMAを上抜けしてくると25日SMAの21,774円や窓埋めとなる7月7日安値21,875円が上値節目となる。また4月24日高値と5月14日安値の半値戻し21,557円も上値目処となりやすい。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス