フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

日経225の日足では三角持ち合い下限放れ!

  • 2022/01/19
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★日経225の日足では、21年9月14日の高値30,795.78円を起点として21年11月16日高値29.960.93円を結んだトレンドライン(R1)と、21年8月20日安値26,945.81円を起点として21年10月6日安値27,293.62円を結んだトレンドレイン(S1)では、三角持ち合いの様相となっている。そして、三角持ち合いの下限であるS1を下抜ける展開になってきた。さrない10月6日安値を起点として21年12月1日安値27,594.01円を結んだトレンドライン(S2)をも下抜けしてきた。

さらに、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%DとSlow%Dの両線はかい離幅を広げて下向きになっており、下押しバイアスが強いことを示している。

上値には売買の平均単価である短期線から長期線が集中しており、下放れしたことで手仕舞い売買も出やすくなっている。

日経225は三角持ち合いを下抜ける展開になっていることで、下落の勢いが強まる可能性が高いので注意が必要となる。

 

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス