株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

日経225の日足ではやはり260日SMAが限界か!

  • 2019/07/29
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • 欧州タイム

 

★日経225の日足では、7月25日に一時260日SMA(茶線)を上抜けしたものの、レジスタンスとなり連日下押しの展開となっている。本日は先週末サポートラインとなった5日SMA(赤線)を下抜けしたことで、改めて上値の重さが意識される。

下値では、10日SMA(黄線)21,530円25日SAM(青線)21,520円200日SMA(紫線)の21,491円75日SMA(緑線)21,454円100日SMA(黒線)21,452円がサポートとして意識される。これだけ下値に抵抗帯が位置していることから、強力なサポートとなりやすい半面、した抜けすると強力なレジスタンスとして意識される。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%Dの勢いは鈍化しているものの、なお上向きを維持していることから、上昇基調を維持している。%DがSlow%D再びデッドクロスすると、価格は高値を上抜けしたものの、ストキャスティクスは上値を切り下げるダイバージェンスとなり、下落の前兆として意識される。

 

概ね100日SAMと260日SMAのレンジ相場となっており、上下どちらに抜けるかが今後の焦点となる。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス