株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

日経225の中期トレンドは下落基調!

  • 2019/05/14
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • 欧州タイム

 

★日経225の週足では、昨年12月28日直近安値と今年3月29日安値を結んだトレンドライン(S1)を下抜けしたことで、下落基調となってきた。

5月10日週に52週SMA(緑線)13週SMA(赤線)を下抜けしたものの、26週SMA(青線)がサポートとして意識され下げ止まる展開となっていた。ただ、今週に入って、サポートとして意識されていた26週SMAを下抜けしてきたことで、下押し圧力が強まっている。早々に26週SMAを回復しても、13週SMAの21,522円がレジスタンスとして意識されやすい。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、%DがSlow%Dを下抜け買われ過ぎ域から両線とも下向きとなってきており、下押しのバイアスが強まっている。

中期的トレンドはでは、下げ止まる兆しが出ていないことから、買いは様子見となる。一方で下向きバイアスが強まっていることから、売り目線となる。ただし、26週SMAや13週SMAを再び回復するようなら、再び上昇基調に戻った可能性もあるので、一旦は手仕舞いとなる。下値では200週SMA(紫線)の19,864円がサポートとして意識される。昨日の株価とPBRから逆算すると、PBR1倍割れは19,600円で0.9989倍となる。ちょうど200週SMA近辺となることからもサポートとして意識される。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス