株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 武者陵司氏 講演
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • 投資詐欺にご注意
  • フラッシュプレイヤー
マーケット情報

株式・FX市場情報

日経平均上値トライもショートカバー一巡後は上値が重い展開か

  • 2017/09/13
  • 倉持
  • アジアタイム

 米国株式市場堅調。S&P500種株価指数は前日比0.33%高の2496.48で取引を終え、NYダウは61.49ドル(0.27%)上昇の22118.86ドルで取引を終了した。ナスダック総合指数も0.34%の上昇となった。S&P500種株価指数、ダウ工業株30種平均、ナスダック総合指数の全てが終値ベースで最高値を更新した。北朝鮮情勢やハリケーン被害への警戒感が後退する中、トランプ政権による税制改革実現に向けた取り組みに期待感が広がった。また、米金利の上昇で利ざや拡大期待から金融セクターが堅調に推移し、相場上昇をけん引役となった。
 NYMEXのWTI先物10月限は前日比16セント(0.33%)高の1バレル=48.23ドルで取引を終了。米製油所でハリケーン通過後の操業再開が相次ぐ中、2018年の世界の石油需要見通しが上方修正され、需給不均衡の是正が世界的に進むとの期待が広がった。
 本日の日経平均は米株高などを好感し買い先行後は、利益確定売りなどで徐々に上値が重くなる展開か。日経平均は今週に入り501円上昇。前日の日経平均は終値ベースで北朝鮮がグアムへの攻撃を検討していると報じられた8月9日の水準を上回った。ショートカバーが一巡となれば、指数の上値は米株が高値更新しているとはいえ徐々に重くなりそうだ。

【買い材料】

・米国株式市場、3指数最高値
・NYダウは上昇(22118.86、+61.49)
・ナスダック上昇(6454.28、+22.02)
・NY外為市場、ドル堅調地合いを維持、リスク選好回復で
・ドル円は1ドル110円15銭-25銭
・欧州株式市場=続伸、北朝鮮・ハリケーン巡る懸念後退続く
・NY原油先物-続伸、減産延長の期待と石油需要見通しで(48.23、+0.16)
・恐怖指数VIXは10.58、前日比低下
・CME225先物は大阪取引所比で上昇(19725、+95)
・日銀のETF買い入れによる需給下支え期待
・好業績やテーマ株など物色意欲強い

【売り材料】

・法人税率の15%への引き下げ、実現できない可能性、米財務長官
・ロンドン株式市場反落、ポンド高が重しに
・米ハリケーン「ハービー・イルマ」による被害
・米大統領弾劾への警戒感
・北朝鮮地政学リスク
・北朝鮮ハッカーがATM攻撃
・トランプ政権、政策運営に不透明感

【その他注目点】

・英中銀金融政策委員会(MPC、14日まで)

・米アップル、新iPhone発表へ
・新型アップルウオッチは通話可能に

・欧州株式市場-独DAXは6日続伸、英FT100は小反落
・米債券市場-リスク選好地合い継続で続落
・欧州債-続落、世界的債券売りで
・NY金先物-続落、安全資産の売り継続で

・トランプ大統領、11月に訪日、訪中の公算 アジア歴訪に合わせ=米高官
・米債務上限の完全撤廃はない=マコネル上院院内総務
・北朝鮮「国連安保理による北朝鮮への追加制裁決議を拒否する」「米国は間もなく最大の苦痛に直面する」

《スケジュール》

08:50  7-9月期法人企業景気予測調査
08:50  8月企業物価指数
10:10  国債買い入れオペ(残存期間1年超5年以下と5年超10年以下)(日本銀行)

15:00  8月独卸売物価指数(WPI)
15:00  8月独消費者物価指数(CPI)改定値
16:15  8月スイス生産者輸入価格
17:30  8月英雇用統計
17:30  5-7月英失業率
18:00  7月ユーロ圏鉱工業生産
19:00  7-9月期南アフリカ経済研究所(BER)企業信頼感指数
20:00  MBA住宅ローン申請指数
20:00  7月南アフリカ小売売上高
21:30  8月米卸売物価指数
   食品とエネルギーを除くコア指数
23:30  EIA週間在庫統計
14日02:00  プラート欧州中央銀行(ECB)専務理事、講演
14日02:00  米財務省、30年債(120億ドル)入札
14日03:00  8月米月次財政収支

☆場況はTwitterをご参考にしていただければ幸いです。https://twitter.com/fujitomi_8740

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 武者陵司氏 講演
  •