株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 武者陵司氏 講演
  •  
  • メキシコペソ円取引開始
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • 投資詐欺にご注意
  • フラッシュプレイヤー
マーケット情報

株式・FX市場情報

日経先物、一時1996年12月2日以来の21000円大台回復

  • 2017/10/12
  • 倉持
  • アジアタイム

 日経平均株価は8営業日続伸して、前日比73円45銭(0.35%)高の2万954円72銭で取引を終了した。1996年11月29日(2万1020円)以来の高値を更新した。前日の米株高や衆院選で与党優勢と報道を好感した買いが広がった。また、明日の株価指数オプションSQを控え、行使価格2万1000円コールの建玉から、コールの売り手のデルタヘッジのため先物買いが観測された。日経先物12月限も8日続伸して、80円高の20950円で終えた。一時は、130円高の21000円まで上昇し、日中取引の中心限月ベースで1996年12月2日以来、約21年ぶりの21000円大台の回復となった。一方では、連騰に対する警戒感が強く、騰落レシオが高水準で、大引けにかけては高値圏でもみ合う展開となった。
 TOPIXは4日続伸して、前日比3.32ポイント(0.20%)高の1700.13で終え、2007年7月31日(1706.18)以来の高値を付けた。東証1部の売買代金は2兆5847億円、売買高は15億3627万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1130、値下がりは804、変わらずは96だった。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 武者陵司氏 講演
  •