株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

日米金利差縮小で円高リスク高まる!

  • 2019/06/12
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★日米金利差だけがドル/円相場の変動要因ではないが、少なくとも日米金利差が拡大すれば円安要因となり、縮小すれば円高要因となっているのは確かである。

日米2年債金利差(赤線)日米10年債金利差(青線)からドル/円(黒破線)でみて見る。

2019年に入ってからの日米金利差は1月18日の2年債金利差2.786%、10年債金利差2.779%がピークとなった。その後は徐々に金利差が縮小する展開となり6月11日終了時では、2年債金利差2.119%、10年債金利差2.255%とピーク時からそれぞれ2年債金利差▼0.667%、10年債金利差▼0.531%縮小している。

トレンド的にも上値・下値を切り下げる展開が続いており、日米金利差の縮小傾向が続いている。そのため、ドル/円も日米金利差縮小に伴って、円高基調が継続している。

今後も日米金利差の縮小が続くようなら、円高進行リスクが高まる。また、昨晩もトランプ大統領が『米政策金利はあまりにも高い、馬鹿げた量的引き締めに追い打ちをかけている』などFRBに利下げを催促するような発言をしており、日米金利差が拡大するよりも縮小するリスクが高まっている。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス