株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

南アランド/円の中期トレンドは下押しバイアス!

  • 2021/07/21
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★南アでは、21日に6月南ア消費者物価指数(CPI)予想:前月比0.3%(前回:0.1%)、22日には南ア準備銀行(SARB)金融政策委員会(MPC)現在:3.5%、プライムレート:7.0%が開かれので、週後半のランドはより振幅が激しくなる可能性がある。

南アランド/円の中期トレンドを示す週足では、13週SMA(赤線)がレジスタンスとして上値を抑えていることで、下押しバイアスが強まっている。そのため、26週SMA(青線)の7.5333円200週SMA(紫線)の7.5317円をじわりと下抜けしてきた。

ただ、4月10日週安値5.415円を起点として、8月14日安値5.960円を結んだトレンドライン(S1)がサポートとして意識されている。

しかし、ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)も%DとSlow%Dはかい離幅を広げて両線とも下向きになっていることで、下押しバイアスが強いことを示している。

まとめると、テクニカル的にはS1で下げ止まっているものの、下押しバイアスが強いことから買いは注意が必要となる。S1を明確に下抜けるようなら、下落基調が強まる可能性がある。その際には、52週SMA(緑線)7.0478円が下目目処として意識される。

 

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス