フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

メキシコペソ/円の中期トレンドの節目の動きに注目!

  • 2020/09/15
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • 欧州タイム

 

★メキシコペソ/円の中期トレンドを示す週足では、下値を切り上げるダブルボトムのネックラインとなる6月5日週と6月12日週の高値5.110円が目前になってきた。

また、2月21日週高値6.015円と4月10日週安値4.220円を結んだフィボナッチ・リトレースメントの50.0%戻しが5.117円に位置しており、ほぼネックラインと同値となっている。

上向きとなっている13週SMA(赤線)が緩やかに上向きとなってきた26週SMA(青線)上抜けしており、13週SMAがサポートとしながら上昇している。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)は、60%近辺で横ばいだったが、%DとSlow%Dが上向きとなっており、再び上昇基調となってきた。

一方で、下向きの52週SMAが50.0%戻しに向かって下降しており、上値を抑える展開になりやすい。

メキシコペソ/円は、ネックラインと50.0%戻しの5.110円近辺に向かって上昇基調となっている。そのため、5.110円近辺までは上昇する可能性が高まっている。ただし、ネックラインや52週SMAがレジスタンスとして意識され上値を抑えられるシナリオも考えられる。

このレジスタンスを上抜け出来ると、61.8%戻しの5.329円や白銀比率70.7%戻し5.489円、76.4%戻し5.591円が視界に入ってくる。

いよいよメキシコペソ/円の相場の節目に来ており、今後の値動きにを注視する必要がある。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス