株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

ドル/円は200週SMAで足止め!

  • 2021/03/22
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★ドル/円の中期トレンドを示す週足では、200週SMA(紫線)がレジスタンスとして意識されて3週目になり、上値の重さが意識される。

過去においては、大陽線で200週SMAを上抜けしても翌週には大陰線を押し戻される展開が続いている。

今回も200週SMAまで上昇してきたものの、レジスタンスとして意識され上値を抑える展開が続いている。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)では、%DとSlow%Dは上向きを維持しているものの、買われ過ぎ過熱感が出ていることも上値の重さを意識する。

ただ、13週SMAが26週SMA(青線)した上抜け、52週SMA(緑線)ともゴールデンクロス寸前となる上昇基調は継続している。

今までの動向から、200週SMAを上抜けしても翌週の動きには注意が必要となる。また、上値の重さが意識されると下落調整的な動きになりやすい。

3月決算を控えて、本邦機関投資家や輸出企業などのレパトリ(本国回帰)で月末にかけて円買い・ドル売りが出やすい。そのため、200週SMAの上値の重さが意識されると、円買い・ドル売りが強まる可能性もあるので注意が必要である。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス