株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

ドル/円は長期三角持ち合い下放れから復活なるか!

  • 2021/03/17
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★ドル/円の長期トレンドを示す月足では、2015年6月高値の125.85円を起点として2018年10月の高値115.55円を結んだトレンドライン(R1)と2016年6月安値の98.98円を起点として2019年1月の安値104.70円を結んだトレンドライン(S1)が形成していた三角持ち合いを下抜けしたことで、下落トレンド入りとなった。

しかし、2021年1月の安値102.56円付近が底値となり反転する展開になった。17ヵ月SMA(赤線)とR1を上抜けると円安基調は強まり、34ヵ月SMA(青線)とS1まで円安基調が続いている。17ヵ月SMAが上向きになってくると、より円安基調が強まる可能性が高い。

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、5、3、20、80)でも、%DがSlow%Dを上抜けして両線とも上向きになってきていることで、長期的な戻り基調を示し始めている。

戻り目処とすれば、2015年6月の高値125.85円と2016年6月の安値98.98円の38.2%戻りの109.24円が現在の上値目処として意識されている。

38.2%戻しを上抜け出来ると、50.0%戻しの112.41円が次の上値目処として意識される。半値戻し近辺は強いレジスタンスとして意識される。その後の上値目処は61.8%戻り115.59円、76.4%戻り119.51円が意識される。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス