株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • 小次郎講師のメールマガジン
  • 第3回TOCOMリアルトレードコンテスト
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

ドル/円の中期トレンドでは200週線に注目!

  • 2018/07/13
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • アジアタイム

 

★ドル/円の中期トレンドを示す週足では、52週線(緑線)がサポートとなり、上昇基調を強めている。そのため、次の上値の節目は200週線(紫線)113.24円が目標値となる。13週線(赤線)26週線(青線)をゴールデンクロスし52週線に迫っている。

 

ストキャスティクス・スロー(パラメータ:14、3、3、20、80)は、%K:90.89、%D:87.02とやや過熱感が出ていることから、ちょうど200週線近辺でもみ合う展開となりやすい。

 

ただ、今年に入ってからは114.50円前後まで円安進行も、その後は円高調整するパターンとなっている。

 

米国が保護貿易主義に走り各国に関税を賦課する展開となっている。そのため、米国内では原油価格上昇や輸入物価の上昇で国内インフレが高まりやすい。インフレが加速すると、FRBも追加利上げを加速させる必要となることや、米長期金利が上昇する要因となる。一方で、金利上昇を嫌気して米国株は不安定な動きとなりやすい。インフレを抑えるためには、出来るだけドル高を維持する必要が出てくる。米国内の景気は法人税減税や雇用環境が改善していることから、底堅いものがある。現状は米国内でドル高を吸収できる景気環境化にあることで、しばらくはドル高を放置する可能性が高い。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス