株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

株式・FX市場情報

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
マーケット情報

株式・FX市場情報

トルコリラ/円って三角持合いですよ~!

  • 2019/08/20
  • 米蔵(ヨネゾウ)
  • 欧州タイム

 

★トルコリラ/円の日足では、上値を切り下げ・下値を切り上げ徐々に変動幅が収束する三角持ち合いの様相となってきた。

MACD(パラメータ:12、26、9)もゼロラインの上方からMACDがシグナルを下抜け両線とも下向きとなっている。また、MACDがゼロラインを下抜けしたことで、さらに下落基調の可能性が高まってきている。

MACDで使用している12EMA(赤線)26EMA(青線)でも、ロウソク足は両線を下抜けしてきている。また、MACDがゼロラインを下抜けしていることことで、12EMAと26EMAもデッドクロスしており、下落基調を示している。

このまま上値切り下げ、下値を切り上げると8月下旬には三角持合いの頂点まで縮小する。そのため、上下どちらかに振れる可能性が出てきた。

三角持合いの反落水準や反騰水準では、手仕舞いそびれた建玉や参入しそびれた思惑が累積している。三角持合いの後は元のトレンドに戻るが、保合い放れが明確になると、損失拡大を恐れて殺到する手仕舞売買に、トレンドに乗り遅れまいとする新規の建玉が加わり、売買を伴って値動きが一気に加速する場合がある。

そのため、逆指値など事前の想定と準備が必要になってくる。現段階では、下振れしやすい様相となっている。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス