株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

コラム

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

2021年、G7コーンウォール・サミット

2021年06月10日

皆さま、おはようございます。CFP(ファイナンシャルプランナー)のワイワイこと岩井です。

週末金曜日11日から13日までの3日間、G7サミットが開催されます。
G7はGroup of Seven の略でフランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダの7ヶ国がメンバーです。各国の首相、大統領がホスト国に集まって国際会議がおこなわれます。

1975年から開催されており今年で46回目を迎えますが、長い歴史の中で、開催中止になったのは、たったの1回だけです。

それがアメリカで行われる予定だった2020年のG7です。昨年は、新型コロナウイルスの世界的流行の影響を受けて、開催されませんでした。今回は2年ぶりの開催になります。

2021のホストはイギリスで、開催場所は、コーンウォールです。

開催地のコーンウォールは、コーンウォール州とも呼ばれ、独自の文化・言語・帰属意識を持った地域だそうです。ロンドンから車で5時間くらいの距離ですが、英語だけではなく、コーンウォール語(ケルノウ語)が使われています。
今回のサミット会場は、カービス湾という場所で、海辺にあるリゾート地です。
一度行ってみたいですね。

今回のサミットは2年ぶりに対面で開催されます。

色々な課題が話合われることになりそうですが、議題の中心になるのが新型コロナ対策です。それ以外にも、気候変動対策、中国への対応などが話合われる予定です。菅首相は東京オリンピック・パラリンピック開催への支持を取り付ける予定です。

金曜日から週末を挟んでG7は開催されますので、大きなサプライズがあればマーケットにその影響が出るのは、週明け月曜日になります。

予定調和どおりなのかそれとも、何かサプライズがあるのか。週末はG7の内容に注目したいですね。

このコメントは編集者の個人的な見解であり、内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもございません。ご了承ください。


参考文献:
イングランドの典礼カウンティ-wikipedia
カービス湾-wikipedia
2021年G7サミットに重ねる議長国・英国の未来-JETRO

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス