フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

コラム

マーケット情報

ISM非製造業景気指数を見て思うこと

2016年09月07日

皆様、おはようございます。パソコン教室担当のワイワイです。

なんだか、アメリカの景気動向も怪しい雰囲気になってきました。

昨日(9月6日)の23時に発表された米国のISM非製造業指数は51.4と事前予想の54.9を大きく下回る結果となりました。

ISM非製造業景気指数とは。。。。

ISM非製造業景気指数は、米国供給管理協会(Institute for Supply Management)が発表する指標です。
約300社の非製造業の担当役員にアンケートを行い、その結果を指数化します。アンケートの内容は1カ月前と比較して、その月の営業活動がどうだったのか「良い・変わらない・悪い」の3択から回答してもらうもので、その項目は事業活動、新規受注、雇用、入荷遅延、仕入価格、輸出、輸入などを評価します。

8月の詳細は次のとおりです。

ISM非製造業景気指数

8月 7月
総合 51.4 55.5
事業活動 51.8 59.3
新規受注 51.4 60.3
雇用 50.7 51.4
入荷遅延 51.5 51.0
仕入価格 51.8 51.9
輸出 46.5 55.5
輸入 50.5 53.0

 

ほとんどの項目が7月と比較して悪化しています。
特に事業活動7.5ポイントダウン新規受注8.9ポイントダウンと大幅ダウンしています。輸出にいたっては、50を下回ってしまいましたので、「悪い」を選んだ企業が多かったことを物語っています。

こうなってくると、本当に利上げしても良いものなのかどうかの議論がされはじめますので、結果的にストレートに影響を受けたのが為替レートです。

米ドル円(くりっく365)-60分足

WL0198

ここ1週間、103.10近辺でがんばってディフェンスライン(下値支持線)をキープしていましたが、悪い発表の内容を受けて102.00円水準までドル安進行しました。

同様の展開が日経225でも起きています。

日経225(くりっく株365)-60分足

WL0199

発表の内容を受けて、日経225も下落しました。ISM非製造業景気指数はアメリカの経済指標ですが、グローバルに展開していますので対岸の火事とはいかないようです。

商品に目を向けると

ゴールドは為替レートの変動を受けて発表直後に4,373円まで急落しましたが、景気が悪くなると買われるのがゴールドで、結果的にその後、もとの値位置まで戻ってきました。

東京金 8月限-5分足

WL0202

※チャートは『FITS-取引画面』から

原油は発表前から値下がりしていましたので、特に影響はなかったようです。

 

東京原油 2月限-5分足

WL0201

※チャートは『FITS-取引画面』から

 

しばらくの間は、アメリカの景気動向に左右されるマーケットが続きそうです。

台風13号が日本列島を横断するような動きになっていますので、週末まで空模様にも注意してください。

それでは、本日も素敵な一日になりますように。

 

このコメントはパソコン教室担当者ワイワイの個人的な見解であり、残念ながら内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもありません。ご了承ください。

 

にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー