フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

コラム

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

G20メンバーではない国

2018年12月03日

皆さん、おはようございます。ファイナンシャルプランナーのワイワイです。

週末、G20が実施されました。個人的に注目していたのが、サウジアラビアのムハンマド大統領の動向です。

サウジアラビア人記者・カショギ氏暗殺事件への関与をめぐり、各国の首脳がどのような対応を取るのか注目が集まっていました。友好関係が確認できたのがロシアのプーチン大統領やインドのモディ首相などです。ロシアはOPECとの連携維持が確認され、インドにはサウジの国営石油会社であるサウジアラムコによる製油所や石油備蓄施設への投資が確認されました。注目が集まっていたトルコのエルドアン大統領やアメリカのトランプ大統領との正式な会談は実施されませんでした。

さて、G20に参加している国がどんな国なのかご存知でしょうか。

G7はカナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国の7か国ですが、G20はそれにアルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、中国、インド、インドネシア、韓国、メキシコ、ロシア、サウジアラビア、南アフリカ、トルコの12か国と欧州連合・欧州中央銀行を加えた20の国・地域の代表が集まって実施される国際会議です。G20加盟国は世界のGDPの90%、貿易額の80%をカバーしています。

19の国と欧州連合が参加していますのでほとんどの主要国が参加している訳ですが、それでも経済規模が大きい国で参加していない国がいくつか存在します。今日は貿易額が多い国でG20に参加していない国をいくつかご紹介します。

世界の貿易額ランキングで14位のシンガポール、17位の台湾、18位のUAE、22位のスイス、24位のマレーシア、25位のベトナムなどは、G20のメンバーではありません。

アルゼンチンや、南アフリカなど経済規模が小さな国が参加しているのにシンガポールやスイスが参加していないのってなんだか不思議ですよね。
1回目のG20は2008年11月にワシントンで開催されたのが始まりで、その参加国はその時に決められました。それから参加国は変わっていません。

次回の開催は2019年6月、日本の大阪が予定されています。今日はG20参加国についてのお話しでした。
このコメントは編集者の個人的な見解であり、残念ながら内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもございません。ご了承ください。


参考文献:
・日本銀行
https://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/intl/g02.htm/

・外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ecm/ec/page25_001040.html

・G20-wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/G20

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス