株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

コラム

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

FITSのスタッフブログから引っ越してきました。

2016年01月18日

皆様、こんにちは。パソコン教室担当のワイワイです。

先週の金曜日よりフジトミのコーポレートサイトがリニューアルしましたのでFITSのスタッフブログからフジトミのスタッフブログに引っ越してきました。

私はパソコン教室の担当なので相場についてはプロフェッショナルではないですが、仕事柄一日中PCを触っていますのでアナリストとは違った目線から相場に関係する様々な情報をご提供できればと思っています。

末長いお付き合いをよろしくお願いします。

本日の東京地方は昨晩から大雪で今朝の通勤は大荒れでした。やっぱり東京は雪に弱いですよね。出勤できるかどうかバタバタしましたがなんとか出勤できました。

午後から雨に変わったのでこのまま雪が解けてくれば良いのですが。

記念すべき第1回のブログですが、今回はドル円、日経平均株価、東京金のザックリとした流れを振り返ってみたいと思います。

 

ドル円

WS0277

昨年の年末から円高方向に動いていますが、現在117円台前半まで円高にふれており、昨年8月と2014年年末についていた115円台後半が下値支持線として機能するかどうかがポイントとなりそうです。

 

日経平均株価

WS0278

昨年1月に付けた安値と同等水準である17,000円前後で推移しています。大きなレンジ相場として相場を捉えるのであれば現在の価格帯は過去1年間の安値水準にあるので1年レベルでみて重要な価格帯であるようにみえます。

 

東京金

WS0280

金は4,000円台で推移しています。この価格帯は2014年12月に推移していた価格帯で心理的にも4000円を維持できるかどうかが鍵のようです。

 

為替・日経平均株価・そして金、3商品とも過去1年から2年の範囲でみた安値水準にあり、どの商品もこの水準からの値動きが後々大きな意味を持ってきそうな価格帯であると言えます。

 

あいにくの空模様ですが、相場模様は良い天気になりますように。

 

では、今後ともよろしくお願いします。

 

このコメントはパソコン教室担当者ワイワイの個人的な見解です。残念ながら内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものではありません。ご了承ください。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス