フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

コラム

マーケット情報

2024年4月の米・消費者物価指数(CPI)

2024年05月16日


皆さま、おはようございます。CFP(ファイナンシャルプランナー)のワイワイこと岩井です。

5月16日、市場の注目度が高かった米・消費者物価指数(CPI)が発表されました。
結果は、次のとおりです。

米消費者物価指数(2024年4月)
前月比  ・・・+0.3%
前年同月比・・・+3.4%

今回の結果は、事前の市場予想を前月比で下回る内容だったことを受け、安心感から株価は大きく上昇しています。

米・消費者物価指数の変化をグラフで表したものが次のものです。

米消費者物価指数(前年同月比)

出典:米労働省

上のグラフを見て、皆さんはどのような印象を持ちますか?

前年同月比の変化を確認すると、2023年6月以降、物価変動にそれほど大きな変化は無く、3%台で落ち着いているように見えます。

米消費者物価指数(前月比)

出典:米労働省

前月比に至っては、2022年7月から0%から0.5%の水準を維持しており、こちらについても落ち着いている印象です。

インフレ率をコントロールするために、政策金利を動かしている訳ですが、仮に、現在の物価変動が落ち着いていると判断できるのであれば、金融緩和をおこなうことは、物価上昇を誘発してしまう可能性を高めてしまいますので、不用意に利下げを実施するというのは、合理的ではないように思えてしまいます。

FOMCがどのように判断するのか分かりませんが、日米の金利差が縮小するのはもう少し先なのかもしれませんね。

このコメントは編集者の個人的な見解であり、内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもありません。ご了承ください。


参考文献:
米労働省

新規口座開設キャンペーン開催中

コンサルタント取引限定キャンペーン1

コンサルタント取引限定キャンペーン2

一覧へ戻る

各種資料請求・WEBセミナー