株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

コラム

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
マーケット情報

28,850円について

2016年04月20日

皆様、おはようございます。パソコン教室担当のワイワイです。

突然、28,850円って言われても何のことか意味不明ですよね。

実はこの28,850円は今年の年始1月4日につけた東京原油の終値なんです。なんでこの価格が意味することを説明したいと思います。

まずはじめに東京金、東京原油、そして日経225の値動きを変動率で見てみたいと思います。

グラフ1.主要銘柄の変動-東京
WS0387

グラフは年始の1月4日を1とし、そこからどう変化したのかを示しています。年始から好調なのが東京金です。為替、原油、日経225が年始からマイナス方向で推移していたのに対して、金だけは独歩高の展開が続いています。

グラフで見る限り、その展開はこれまでと変わっていないようです。

赤い線で示した東京原油緑の線で示した日経225は同じようなタイミングで上下していることも確認できますが、そのブレ幅については東京原油の方が大きく、極端に上昇し極端に下落していることもグラフから確認できます。

もう1つ気になることがあります。

グラフ2.NY原油価格をベースに東京原油の理論値を算出
WS0388

グラフは、東京原油の先限価格とNY原油価格から計算した理論値です。
青い線が東京原油の価格、赤い線がNY原油価格から算出した理論値ですが、3月22日ごろの値動きを見てください。

赤い理論換算値はピークを打っていますが、東京原油はフラットな状態になっています。計算上算出されたその差額は944円ありました。

3月22日
東京原油終値 28,340円
理論値    29283円
差額     △944円

今年の初め1月4日の終値は28,850円でしたので、実際のレートが理論値通りに推移すれば年初来高値を付けていたはずですが、実際はそうなりませんでした。

年初からこの28,850円を終値ベースで超えたことは一度もありませんでした。
理論値では超えても実際のレートでは超えない!
この価格帯に何かあるのでしょうか??

なぞです。。。

あっという間に今週も折り返し。
気持ちが良い折り返しとなりますように。

このコメントはパソコン教室担当者ワイワイの個人的な見解であり、残念ながら内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもありません。ご了承ください。

 

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ CFD取引へ
にほんブログ村 先物取引ブログ 先物投資情報へ

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • 個別WEBセミナー
  • リモートサービス