フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

コラム

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

昨年購入した一番高いものって何でしたか?

2016年02月02日

皆様、こんにちは。パソコン教室担当のワイワイです。

突然ですが、皆様は無駄遣いってしてますか?

日本経済はデフレから脱せるのかどうかがアベノミクスなど経済が注目視する要素のひとつですがそもそもデフレって何なんでしょうか。

デフレ(デフレーション)とは物価が持続的に下落していく経済現象で『モノ』を作ってもその『モノ』が高く売れない現象です。

消費者としては安く『モノ』を入手することができますが、消費者は同時に生産者でもあるので『モノ』を売って得られる対価は安く売っている分少なくなってしまいます。

このデフレが続くと経済そのものの規模がどんどん小さくなってしまいます。

昨年の流行語に『インバウンド(inbound)』という言葉があります。中国人などの外国人旅行者が日本国内で消費する需要が期待されていますが、デフレを脱するためには日本国内に住む我々が『モノ』を購入しなければなかなか物価上昇には繋がりません。

私が昨年買った高額な商品と言えばスマートフォンとスーツぐらいでしょうか。高額な商品を全く購入していないことに気が付きました。電化製品は壊れなければ買い替えませんし、車もまだまだ走るので高額なお買い物はほとんどしませんでした。消費者として日本経済にほとんど貢献していなかったようです。

脱デフレ、どんどん無駄遣いしてでも『モノ』を購入するのも解決策の一つなようです。

さて原油価格です。
NY原油は33.83ドルでスタートしましたが後半にかけて値を崩し31.62ドルで取引を終了しました。
東京原油6月限-60分足

 

WS0299

7月限は2月1日が新甫で本数が少ないので6月限チャートです。

NY市場が下落したことを受けて東京原油も値を崩しています。12時17分現在、6限月平均で1450円前後の下げとなっています。

原油が下がると原油から精製される様々な商品の価格も下がります。日本経済を支える無駄遣いをするチャンス到来でしょうか。

では素敵な一日になりますように。

このコメントはパソコン教室担当者ワイワイの個人的な見解であり、残念ながら内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもありません。ご了承ください。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス