株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

コラム

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

新型コロナウイルスとSARSを比べてみる

2020年01月30日

皆さん、おはようございます。ファイナンシャルプランナーのワイワイです。

新型コロナウイルスの影響が段々と大きくなってきました。私も毎日会社まで電車で通勤していますが、数日前よりも車内でマスクをしている人の割合が増えたように感じました。

先日、都内でのマスク流通が不足しているとのニュースとの報道がありましたので、会社近くのドラックストアまで状況を確認しに行ってきましたが、報道のとおりマスクはほぼ完売状態でした。

Amazonなどのネットショッピングでもマスクは完売で手に入れにくい状態となっているようです。

さて、新型コロナウイルスの感染状況ですが、1月29日正午時点での感染者数はご覧のようになっているそうです。

2020年1月29日正午時点の感染者数

・中国 5974名
・タイ 14名
・韓国 4名
・台湾 8名
・米国 5名
・ベトナム 2名
・シンガポール 7名
・フランス 4名
・豪州 5名
・マレーシア 7名
・ネパール 1名
・カナダ 3名
・カンボジア 1名
・スリランカ 1名
・ドイツ 4名
・日本 7名
  ※厚生労働省ホームページより

ちなみに、SARS(サーズ)の時の感染者数はご覧のようになっています。

SARS(サーズ)への感染者数(2002年-2003年)

・豪州 6名
・カナダ 251名
・中国 5327名
・香港 1755名
・マカオ 1名
・台湾 346名
・フランス 7名
・ドイツ 9名
・インド 3名
・インドネシア 2名
・イタリア 4名
・クウェート 1名
・マレーシア 5名
・モンゴル 9名
・ニュージーランド 1名
・フィリピン 14名
・アイルランド 1名
・韓国 3名
・ルーマニア 1名
・ロシア 1名
・シンガポール 238名
・南アフリカ 1名
・スペイン 1名
・スウェーデン 5名
・スイス 1名
・タイ 9名
・英国 4名
・米国 27名
・ベトナム 63名
・合計 8096名
  ※国立感染症研究所HPより

SARS(サーズ)が発生した2002年から2003年、中国での感染者数は5327名でしたが、1/29に発表された中国での感染者数は、5974名とサーズの感染者数を上回りました。

感染者数は加速度的に増加傾向にあるため、益々感染者数は増えてしまうことが考えられます。

皆さんはSARSが流行した時のことを覚えていますか?
サーズが報告された2002年11月1日から2003年7月31日の間、どんな年だったのかと言うとイラク戦争があった年です。2003年3月20日、アメリカを中心とした有志連合軍がイラクに軍事介入しました。自衛隊のイラク派遣を巡って議論されていたのもこの年でした。

北朝鮮が核拡散防止条約(NPT)からの離脱を宣言したのも2003年1月の出来事で、その年の8月から中国、日本、米国、韓国、ロシア、北朝鮮が参加した6ヵ国協議が開始されました。

当時の日経平均株価はご覧のような展開でした。

日経平均株価(2002年-2003年)

(出所:TradingViewによる日経225チャート

日経平均株価は10000円の大台を割り込み、2003年4月28日にはバブル崩壊後の最安値7604円まで値下がりしました。

こうして、過去と比較してみると、SARSが起きた2002年から18年もの月日が経過していますが、世界情勢はあんまり変わっていないと思いませんか?

2003年はイラクへの軍事介入がありましたが、現在はその隣イランとアメリカとの関係が拗れていますし、北朝鮮情勢についても目立った進展もなく今に至っていいます。

こうしてみると、世界情勢はここ20年ほとんど変わっていないことに気づかされます。

新型コロナウイルスの感染が今後どうなっていくのか解りませんが、インバウント需要の低迷など経済に取って大きなマイナス要因となってしまいそうです。

景気後退のスパイラルを招かないことを願うばかりです。

このコメントは編集者の個人的な見解であり、内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもございません。ご了承ください。


参考文献:
・中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について-厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
・SARS(重症急性呼吸器症候群)とは-国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/414-sars-intro.html
・【図解・社会】平成を振り返る、2003年10大ニュース-時事通信
https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_general-10bignews2003
・TradingView
https://jp.tradingview.com/chart/n4431QLi/

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス