株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

コラム

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

価格変動をグラフにしてみよう。

2016年02月19日

皆様、おはようございます。パソコン教室担当のワイワイです。

ここ最近パソコンに関する話題がありませんでしたので今日はそれらしい内容にしょうと思います。

昨日は4つの銘柄「金」「原油」「日経225」「ドル/円」の値動きをみましたが今日はその4つの銘柄を1つのチャートに表示させた時どのように見えるのか実際に作ってみましょう。

使用するするソフト
・ポジション・トレーダーPRO
・Excel

概要
ポジション・トレーダーPROから4本値情報を取得し、それをエクセルにエクスポートする。その銘柄の変動率を算出し、複数の銘柄をまとめてグラフで表示させる。

 

手順

1.
最初にポジショントレーダーPROを立ち上げて取得したい銘柄を選択します。
その後メニューの[編集]を開き、「データエクスポート」か「テキストデータ」のどちらかを選択し、エクセルにエクスポートするかコピー&ペーストでExcelにデータを貼り付けます。

20160219-1

2.
日付と終値以外は今回必要無いのでそれ以外のデータは消してしまいます。今回表示させたい内容は年始からの値動き(2016年1月4日を“1”とした際の値動きなの当日の値段(例えば1月5日であれば「B3」のデータを「B2」で割ります。

WS0318

1月5日の数値は0.995827です。これを毎営業日繰り返して行きますが分母となるB2は常に同じなので2の前に$マークをつけて行を固定した上でC列にコピーしていきます。

3.
日付部分はこのままでは「20160104」と8桁の数字の羅列になっていますので「2016/01/04」と表示されるようにエクセルの区切り位置ウィザードを利用して表示をYMD形式に変換します。

WS0319

※画面はExcel2007

4.
最終的に必要となるデータは終値ではなくどの程度の変動があったかなのでそのデータだけを残します。

5.
分析したい銘柄を選び上記の1から4の作業を繰り返します。

6.
その上で完成したデータが次の表です。

WS0320

7.
最後にこのデータをグラフにして完成です。

WS0321

 

こうして見ると2つの事がわかります。1つは原油価格はものすごく荒い値動きになってるということ、そしてもう1つが原油価格と日経平均株価はシンクロした動きになっているということです。

どちらを取引するにしてもお互いの値位置がいまどうなのか。今後どうなっていくのかを考えた上での取引が重要なようです。

細かな設定等ご不明な方は、是非パソコン教室までお越しください。

お待ちしております。

このコメントはパソコン教室担当者ワイワイの個人的な見解であり、残念ながら内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもありません。ご了承ください。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス