フジトミ証券株式会社は投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

コラム

ピックアップコンテンツ

  • 2021年12月18日開催 杉村太蔵氏セミナー
  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

トルコ統一地方選挙後の相場変動とスワップポイント

2019年04月02日

皆さん、おはようございます。ファイナンシャルプランナーのワイワイです。

3月31日に投開票されたトルコの統一地方選挙の結果がわかってきました。エルドアン大統領が率いる公正発展党(AKP)は首都アンカラ(人口515万人)で敗北したほか、トルコ最大都市であるイスタンブール(人口1427万人)でも劣勢となっているようです。

今回の地方選挙は、エルドアン大統領への信任投票との見方がされています。日経新聞によると今回敗北したアンカラの市長の席とシスタンブールの市長の席は、四半世紀前からAKPが議席を抑えていましたが、AKPは重要な2つの席を失うことになってしまいました。

首都であるアンカラと経済の中心であるイスタンブールを失ったことは、今後のエルドアン政権運営にも大きく影響してきそうです。

今回の選挙結果を受けて、大方のエコノミスト・アナリストは、トルコの統一地方選挙(3月31日)を受けてトルコリラは下落すると予想していました。ところが、選挙後(4月1日)のトルコリラは、予想が外れ大幅に上昇しました。

トルコリラ円(くりっく365)

くりっく365市場でもトルコリラ円は、昨夜の海外市場で一時20.40円近辺まで上昇しました。その背景には、トルコリラの翌日物スワップ・レートが関係しています。選挙前の先週末、23.75%だった同レートは週明けの月曜日200%でスタートし一時400%まで上昇しました。

このことによってトルコリラの流動性が一時低下したことがトルコリラの上昇を招いた要因になったようです。

選挙後、トルコの株価指数であるISE100トルコも前日比で317ポイント上昇し94101で取引を終えました。

エルドアン大統領は選挙前より外国人投資家によるリラ売却を事実上不可能にするようトルコ国内の銀行に圧力をかけましたが、この政策が続くのかは分かりません。今後どうなっていくのか注視が必要ですね。

直近のトルコリラ円のスワップ・ポイントはご覧のとおりです。

03月25日 199円
03月26日 216円
03月27日 710円(3日)
03月28日 185円
03月29日 102円
04月01日 122円
※くりっく365は売りも買いも同一です。

今日はトルコ統一地方選挙後のトルコリラ円相場の変動についてのお話でした。

このコメントは編集者の個人的な見解であり、残念ながら内容を保証するものではありません。また、売買を推奨するものでもございません。ご了承ください。


参考文献:
・London lira overnight swap rate jumps to 400 pct-ロイター
https://www.reuters.com/article/turkey-currency-swaps-idUSL9N20U00D

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 2021年12月18日開催 杉村太蔵氏セミナー
  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス