ポジション・トレーダーPROの概要

 機能一覧  簡単操作  豊富なチャート  サヤチャート  鞘線・鞘ブロック
 4本値表示  展望およびアラート機能  トレンドバー  システム適性・銘柄適性  パフォーマンス表示


 機能一覧
 国内銘柄
  国内主要商品取引所に上場されている全銘柄、比差7銘柄

 海外銘柄
  海外主要商品取引所に上場されている複数銘柄


 その他


  外国為替(8銘柄)

ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円
カナダドル/円 NZドル/円 スイスフラン/円 ユーロ/ドル

  東証1部上場株式(全銘柄)

 テクニカル指標
 (38種類)

移動平均線 ストキャスティック 相体力指数
ボリンジャーバンド MACD 方向性指数(DMI)
エンベロープ 平均方向性指数(ADX) 順位相関係数
トレンドバー アルティメイト・オシレータ ワイルダー・ボラティリティ
プライス・チャネル パラボリック コモディティ・チャネル・インデックス
パーセントR 一目均衡表 レイト・オブ・チェンジ
平均足 アルーン サイコロジカル
値動きサイコロジカル ローソク足 モーメンタム
標準偏差 ヒストリカル・ボラティリティ 速度係数
累積 ADオシレータ 出来高
取組高 平均変動レンジ ピボット
トレンドバー・ボックス 自己玉 自己玉比率
売買ローテーション 買勢力指数

 チャート
日足 比差チャート 関連銘柄比較 自動設定チャート
週足 比価チャート 複数銘柄チャート 外国為替一覧
月足 さや線 展望一覧 一代足一覧
一代足 市場別チャート 翌日表示 売買シグナル一覧
国内16銘柄一覧 海外16銘柄一覧

 データ更新
  [手法価格更新]
   個別最新値の取得により価格を随時更新します。


  [自動価格更新]
   ソフトの立ち上げ時に自動更新時の価格を取得します。
   自動更新時間:朝:海外銘柄、昼:前引け、夕方:大引け


 主な機能
展望(長期・短期) ポートフォリオ分析 自動データ更新
売買シグナル 翌日参考価格表示機能 自動バージョンアップ
売買シミュレーション テンプレート登録 アラート機能
システム適性 過去データ表示 最新値取得表示
銘柄相関関係 トレンドライン描画 レイアウト変更
展望一覧表示 ズーム表示 さやブロック表示
イメージファイル出力 データエクスポート 天井底値段表示
値段更新タイマー 全画面表示 画面スクロール
右クリックメニュー アクセサレータ・キー マクロ機能

 基本OS
   Windows 98/Me/2000/XP/Vista/NT4.0 日本語版 ブラウザはIE4.0以上


 最小稼動メモリ
   256MB以上を推奨


 ディスプレイ
   解像度800×600以上、256色以上を推奨

 ハードディスク容量
   60MB以上 (株式データは250MB以上)



 ※一代足は東京工業品取引所、東京穀物取引所、中部大阪商品取引所の上場銘柄のみ




▲トップに戻る
 簡単操作
ポジション・トレーダーPROには簡単に操作ができるように、便利なアクセサレータ・キーが豊富にあります。キーを1つ押すだけで各種のチャート表示や変更が可能です。
また、RSIやストキャスティックなど、よく利用されるテクニカル指標と売買シグナルの組合せがボタン登録されており、ボタン1つで簡単に表示できます。







▲トップに戻る
 豊富なチャート
ポジション・トレーダーPROには表示可能なテクニカル指標が38種類あり、様々な分析が可能です。また、RSIを移動平均したり、期間累計を計算したり、テクニカル指標を加工することが可能です。
一代足の表示や自由な組合せの比差チャートも作成可能です。
更に、貴金属市場、エネルギー市場、穀物市場など国内外の市場ごとに表示したり、関連銘柄を表示したりできます。市場全体の動きを分析することで、個別銘柄分析を補足することが可能です。







▲トップに戻る
 サヤチャート(比差・比価)
各種のサヤチャートが表示できます。設定画面で銘柄を組合せすることで、様々な比差チャートや比価チャートが作成できます。海外銘柄や外国為替も組合せ可能です。また、画面への表示タイプもサヤチャートのみや、対象銘柄を同時に表示することも可能です。売買シグナルを表示する場合は、サヤ取り売買に適したように3タイプから選択できます。









▲トップに戻る
 鞘線・鞘ブロック
鞘線とは、各銘柄の限月間のサヤをグラフに表示したものです。鞘ブロックとは、各限月間のサヤを早見表として一覧表示したものです。今後のサヤの変化の分析や、サヤ取り売買にご利用いただくことができます。







▲トップに戻る
 4本値表示(過去データ)
過去データの4本値をグラフ領域に表示することができます。日々の値動きを詳細な値段で検証するときにご利用いただけます。表示する期間は自由に変更することができ、更に、レイアウトを変更することも可能です。
また、データをエクセルにエクスポートして独自に分析することができます。4本値だけではなく、チャートに表示されている指標の数値も全てエクスポートが可能ですので、エクセルで複雑な式を作成しなくても指標の数値がそのまま利用できます。







▲トップに戻る
 展望およびアラート機能
展望は、コンピュータが自動的に値動きを予測し、早い時期に注意を促す警告を含め、解り易い言葉で解説してくれます。2億通り以上の文章で展望が表示されますので、様々な局面を的確にとらえることができます。また、相場が変化しそうな局面では、画面の色を変えてお知らせするアラート機能があります。







▲トップに戻る
 トレンドバー
トレンドバーはポジション・トレーダーPROのオリジナルな指標で、値動きを3段階にデジタル化してトレンドを分析するものです。赤系の色は上昇トレンドを示し、青系の色は下降トレンドを示しています。また、色濃く表示された部分は天井や底を表しており、1番天井(底)、2番天井(底)という捉え方です。トレンドバーが何番目の天井(底)や押し目(戻り)にあるかと売買シグナルを合わせて分析すると、より効果的な判断が可能です。
緑色と黄色は相場の変動レベルを表しています。緑色がトレンドのある相場で、黄色がボックス相場です。







▲トップに戻る
 システム適性・銘柄適性
システム適性を利用して売買シミュレーションを行うと、全銘柄の売買シミュレーション結果が一覧表で表示できますので、ポジション・トレーダーPROの売買シグナルのうち、どのシグナルが、どの銘柄で、どの程度の収益率になったかを簡単に分析できます。
銘柄適性は個別銘柄ごとにどの売買シグナルのパフォーマンスがよかったか結果をリスト表示します。
ポジション・トレーダーPROの売買シグナルを利用したシミュレーションが可能です。シミュレーションによる運用結果を損益推移グラフ、サマリー、売買明細表、収益率表などで出力することが可能です。







▲トップに戻る
 パフォーマンス表示
システム適性や銘柄適性、売買シミュレーション、ポートフォリオ分析などでは、それぞれの売買システムの運用パフォーマンスを収益率、勝率、売買回数などの結果一覧表とともに、トレードタイミングチャートや損益推移グラフなどを表示できます。チャート上に売買した矢印が表示されますので、売買シグナルの検証に有効です。







▲トップに戻る