株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

小次郎レポート

ピックアップコンテンツ

  • 小次郎講師のメールマガジン
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
小次郎講師レポートTOP

【第47回】 第8部 「勝つために必要なこと」

2015.11.06掲載

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。

 

 

 

助手のムサシです。

 

★[小次郎講師]★
本日のテーマは「勝つために必要なこと」。
前回常勝トレーダーへの道を話したのでその補足。

☆[ムサシ]☆
楽しみです。

  【1、トレードにおいて勝つとは?】

★[小次郎講師]★
勝率80%、90%でも負けるときは負ける。
勝率20%、30%でも勝つときは勝つ。
果たして勝つとはどういう状態を言うのか。このトレードにおいて勝つとはどういう状態を言うのかということに関してしっかりと認識していない人が多い。
勝つと言うことの意味がわかっていないのだから勝てるはずがない。

☆[ムサシ]☆
最終的な損益がプラスであれば勝っていると、そういう物差ししかないんでしょうね。

★[小次郎講師]★
だね。最終的な損益は終わってみなければわからない。
常に自分のトレードが勝てるトレードなのかどうかということを認識していなければ、いつまでたっても運任せのトレードから卒業出来ない。

☆[ムサシ]☆
ですね。

★[小次郎講師]★
前回勉強したように勝つとはTE(トレードエッジ)がプラスの状態。つまり

★[小次郎講師]★
の状態。

☆[ムサシ]☆
ですね。

★[小次郎講師]★
但し、これだと、プラスマイナスゼロ以上の状態であって、Vトレーダーとは言えない。

☆[ムサシ]☆
なるほど。プラスはプラスでも小額のプラスではVトレーダーではないですものね。

★[小次郎講師]★
そこで大事な公式は次の公式になる。

★[小次郎講師]★
これを成立させる勝率、平均利益、平均損失、トレード回数を導きだすこと。 それを成り立たせるトレードルールを作ること。
これが狙いすまして勝つ由一の方法だと教えた。

☆[ムサシ]☆
教えられました。

★[小次郎講師]★
が、まだ完全ではない。

☆[ムサシ]☆
え?まだ完全ではないんですか?てっきりこれが全てだと。

★[小次郎講師]★
この方程式が成り立つトレードルールを作り出しても、まだ負ける可能性がある。わかるかな?

☆[ムサシ]☆
皆目わかりません。

★[小次郎講師]★
ドローダウンと破産の確率じゃよ。

☆[ムサシ]☆
ドローダウンと破産の確率!?

  【2、ドローダウン】

★[小次郎講師]★
勝てるトレードルールでもドローダウンが大きいというものがある。

☆[ムサシ]☆
ドローダウンとは、過去の最高資産から減少することでしたね?

★[小次郎講師]★
そうだ。1千万でトレードしていたら途中で儲かって1千5百万まで増えた。
その後300万損が出て現在1千2百万とする。
スタートの資金よりは増えているが、ドローダウン300万円だ。

☆[ムサシ]☆
確かにピークから300万減少していますからね。

★[小次郎講師]★
過去最大のドローダウンを最大ドローダウンと言い、もっとも期間的に長かったドローダウンを最長ドローダウンと呼ぶ。

☆[ムサシ]☆
ドローダウンが終わるのは前回の最高資産を更新したときでしたね。

★[小次郎講師]★
そうだ。このドローダウンはいくらTEが優秀でもある。

☆[ムサシ]☆
でしょうね。

★[小次郎講師]★
そして…

・・・
・・・
・・・

続きはFITSお客様用バックナンバーページよりPDFでご覧ください。

「小次郎講師レポートバックナンバー」ページへ
(ページパスワードはFITSログイン後のお知らせ画面に記載しています)

小次郎レポート

【ご注意】

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

ピックアップコンテンツ

  •