株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

小次郎レポート

ピックアップコンテンツ

  • 小次郎講師のメールマガジン
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
小次郎講師レポートTOP

【第33回】 第6部 「追加のルール」 4

2015.07.30掲載

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。

 

 

 

助手のムサシです。

 

★[小次郎講師]★
本日はナンピンの2回目。だんだんレベルアップしてくる。

☆[ムサシ]☆
よろしくお願いします。

  【1、安いところで買って高いところで売る!?】

★[小次郎講師]★
古来より「相場は上がれば下がる、下がれば上がる」と言われる。
ムサシ君はどう思う?

☆[ムサシ]☆
どう思うかって、上がれば下がる、下がれば上がる、当たり前じゃないですか?
他にどういう答えがあるんですか?

★[小次郎講師]★
そうかな?
今日はこの「上がれば下がる、下がれば上がる」というところから相場の検証をしていきたい。

☆[ムサシ]☆
おっとなんか奥深そうですね。

★[小次郎講師]★
相場の鉄則に「安いところで買って高いところで売る」というセオリーがある。

☆[ムサシ]☆
まあ、当たり前と言えば当たり前ですが大事ですよね。
安いところで買って高いところで売るというのは永遠の真理です。

★[小次郎講師]★
実はこの有名なセオリー、間違っている。

☆[ムサシ]☆
えっ、間違っているんですか?そんな馬鹿な。

★[小次郎講師]★
例えば、20,000円台で推移した価格が12,000円まで下落したとする。
今の価格は安いかな高いかな?

☆[ムサシ]☆
安いです。めちゃめちゃ安いです。

★[小次郎講師]★
ということでこの価格で買う人が多い。ところがその後の価格の推移はこうだった。 br />

★[小次郎講師]★
どうだい?12,000円は安かったかな?

☆[ムサシ]☆
ありゃりゃ。これなら高いです。

★[小次郎講師]★
だよな。「安いところで買って高いところで売る」というセオリーは決して間違いではない。
しかし、その安い高いをどうやって決めるかと言うと、将来の価格変動と比較して安いときに買い、将来の価格変動と比較して高いところで売るということにある。
ところが将来の価格など誰にもわからない。

ということは現在の値段が高いか安いかも誰にもわからないのだから、結局役に立たないセオリーということになる。

☆[ムサシ]☆
そう言われれば。

★[小次郎講師]★
それにも関わらず、過去の値段と比較して高いだの安いだのとみんな言っている。
過去の値段と比較してもなんにも意味がないのにだ。そこに大きな誤解が生じている。

☆[ムサシ]☆
なるほど。

★[小次郎講師]★
トレンドフォロー型トレードをしていると、価格が上昇してきたときに、トレンドが発生したということで買っていく。
それは一見安いところで買うというセオリーとは真逆に見える。

☆[ムサシ]☆
確かに。高いところで買うことになりますものね。

★[小次郎講師]★
でもそれがトレードでは正解。
そして、その価格はその後価格が上昇することによって、後から見ると安い値段ということになる。
このように誰でも正解だと思えるセオリーでも、正しく認識しないと誤解を生むことがある。
先ほど話した「相場は上がれば下がる、下がれば上がる」も同様。

  【2、相場は上がれば下がる、下がれば上がる!?】

☆[ムサシ]☆
そうなんですか?でも上がりっぱなしの相場ってないですよね。いつか下げるという気がしますが。

★[小次郎講師]★
確かにその通りだが、一体いつになったら下がるのかな?
また下がるとしてどれくらい下がるのかな?

☆[ムサシ]☆
それは、もちろん、・・・わかりませんが。

★[小次郎講師]★
「相場は上がれば下がる、下がれば上がる」と言ってしまうと、なんだか、1000円から2000円まで上がった相場があると、いずれまた1000円まで下がるというニュアンスを感じさせる。

☆[ムサシ]☆
そうですか?

★[小次郎講師]★
でも実際にはもう二度と千円まで下がらない相場、つまり上がりっぱなしの相場がいくらでもある。

★[小次郎講師]★
この図を見て、上がれば下がる、下がれば上がるという展開だと思うかね?

☆[ムサシ]☆
これなら、上がりっぱなしと言ったほうがいいですね。
でも、この後下がるんじゃないですか?

★[小次郎講師]★
下がるかもしれない、またさらに上がるかもしれない。
予想は出来ないのだ。

☆[ムサシ]☆
それは正論ですが、それとナンピンの話とこの話と、どう関係があるんですか?

・・・
・・・
・・・

続きはFITSお客様用バックナンバーページよりPDFでご覧ください。

「小次郎講師レポートバックナンバー」ページへ
(ページパスワードはFITSログイン後のお知らせ画面に記載しています)

小次郎レポート

【ご注意】

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

ピックアップコンテンツ

  •