株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

小次郎レポート

ピックアップコンテンツ

  • 小次郎講師のメールマガジン
  • 第3回TOCOMリアルトレードコンテスト
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
小次郎講師レポートTOP

【第25回】 「原油は底を打ったのか?」(2016.4.27分析)

2016.04.28掲載

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。

 

 

 

助手のムサシです。

★[小次郎講師]★
4月は世界中が堅調だった。この堅調ぶりを分析してみよう。注目チャートが2つある。

☆[ムサシ]☆
2つあるんですね。何と何ですか?

【1、アメリカがやはり強い】

2016042801

★[小次郎講師]★
まずはNYダウ。NYダウは1月に底打ちしてから押し目らしい押し目もなく、上がり続けている。ついに昨年11月の高値を更新した。力強い展開だ。

☆[ムサシ]☆
なんで、こんなにアメリカは買われているんでしょうね?

★[小次郎講師]★
まあ、消去法で買われていることは間違いないのだが、最近の雇用統計などを見ても、アメリカの経済が堅調ぶりはよくわかる。4月度の株高を支えていたのはやはりアメリカだ。

☆[ムサシ]☆
そうなんですね。

★[小次郎講師]★
しかし、もうちょっと分析してみたい。下の図はNYダウの週足。どんな印象を持つ?

201604282

☆[ムサシ]☆
NYダウって去年の前半まで凄い勢いで上昇していたんですね?

★[小次郎講師]★
そういうこと。とすると、それ以降は幅の大きなもみあい状態とわかる。上図の右端の先行スパン2が横這い状態のところに青い○を付けた。

☆[ムサシ]☆
随分長い横這い状態ですね。

★[小次郎講師]★
先行スパン2が横這いということはもみ合い状態であることを暗示している。あの先行スパン2の位置はいったいどういう価格かわかるかね?価格で言うと16,860ドル。

☆[ムサシ]☆
え?意味があるんですか?

★[小次郎講師]★
一目均衡表の先行スパン2は長期の半値線。週足で言うと52週の半値を26週先に描いている。

【一目均衡表週足先行スパン2】
先行スパン2=52週の半値((最高値+最安値)÷2)を26週先に描画
つまり
過去1年の半値を半年先に描画している。

☆[ムサシ]☆
なるほど、1年間の最高値と最安値の中心を示しているんですね。

★[小次郎講師]★
とすると、このNYダウの横這い先行スパン2の計算の元となった最高値と最安値ってどこだ?

☆[ムサシ]☆
そう考えるんですね?えーと、過去1年間の最高値は去年の5月13日18,351ドルですね。最安値は8月にチャイナショックで下がったときの安値15,370ドルです。

★[小次郎講師]★
忘れもしない、8月24日だったね。去年は5月から8月までに3,000ドル下がったという凄い年だった。それ以降、その価格より上の価格も、その価格よりも下の価格も出ていない。

☆[ムサシ]☆
確かに。

★[小次郎講師]★
そしてその二つの価格の中心が(18,351+15,370)÷2=16,860.5

☆[ムサシ]☆
あっ、それが横這いの先行スパン2の値なんですね。

★[小次郎講師]★
ようやく気がついたようだね。つまり、チャイナショック以来、NYダウは18,351ドルと15,370ドルの間で動いている。そして今、その上限に挑戦しているところ。もし、価格が上限を超えたら、先行スパン2は上昇を始める。上限を超えない限り先行スパン2の横這いは続く。

☆[ムサシ]☆
先行スパン2でそんなことがわかるんですね。

★[小次郎講師]★
去年の11月に高値更新に挑戦して破れている。今回新高値を付けることが出来なかったら、18,351ドルのところに大きな抵抗があることになる。すると、今度は一転、売り優勢となる。今回ここをクリア出来るのかどうかが大きなポイントとなる。

☆[ムサシ]☆
なるほど。現在は分岐点なんですね。

★[小次郎講師]★
そういうこと。もうひとつの注目チャートは原油

続きはFITSお客様用バックナンバーページよりPDFでご覧ください。

「小次郎講師レポートバックナンバー」ページへ
(ページパスワードはFITSログイン後のお知らせ画面に記載しています)

小次郎レポート

【ご注意】

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

ピックアップコンテンツ

  •