株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

小次郎レポート

ピックアップコンテンツ

  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
小次郎講師レポートTOP

【171回】小次郎講師が教えたかったこと3

2018.12.21掲載

 

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。

 

 

こんにちは。助手のムサシです。

 

★【小次郎講師】★
次回で長期連載も終了するわけだが、それに向けて私の伝えたかったことをまとめている。

☆【ムサシ】☆
講師の遺言として聞いています。ありがとうございます。

★【小次郎講師】★
まだまだ死なないが。

【1、Aクラストレーダーへのステップ】

★【小次郎講師】★
さて、Aクラストレーダーになるための4ステップをお話ししたい。

☆【ムサシ】☆
前回は勝ち組トレーダーになるためのステップでしたが今回はAクラストレーダーなんですね。

★【小次郎講師】★
そうだ。その4ステップとは、

【Aクラストレーダーへの4ステップ】
1、負けない投資家になる
2、勝てる投資家になる
3、安定投資家になる
4、品格のある投資家になる

★【小次郎講師】★
以上だ。

☆【ムサシ】☆
最後は品格のある投資家なんですね。しびれます。

★【小次郎講師】★
順に解説しよう。負けない投資家が第1歩。自己流でも勉強すれば次第に勝てるようになる。そこで慢心してしまうと、リーマンショックやチャイナショックのような大きな下げ相場に出くわし、それまでの利益を放出してしまう。よくある話だ。

☆【ムサシ】☆
最後には一文無しになって投資の世界から足を洗う。よくある話ですね。

★【小次郎講師】★
投資の世界では突然相場が急変するということは繰り返しある、それはいままでの歴史が物語っている。急変だけでなく、いろいろな落とし穴が待ち受けているというのも事実。そこで全財産を失うようでは投資をやっている意味がない。そこで大切なのがやはり資金管理となる。

☆【ムサシ】☆
思惑どおりいかない展開がどんなに続いても破産しない資金管理を学ぶことが大切なんですね。

★【小次郎講師】★
そのとおり。途中で市場から退場しなくてはいけなくなる。それが投資家にとって最大の失敗。それさえ防げれば最終的に勝ち組になれる。

☆【ムサシ】☆
そのために必要なのが資金管理というわけですね。

★【小次郎講師】★
そのとおり。続いてステップ2、勝てる投資家になるためにはエッジを見きわめることが必要。そのためのノウハウを持つというのがこのステップだ。

☆【ムサシ】☆
前回の話に通じますが、相場に絶対がない以上、確率的に有利な状況をどう見つけ出すかということが大切になってきますよね。

★【小次郎講師】★
そいういうこと。それをエッジと呼ぶ。価格変動の中で、どこでエッジが生ずるかそれを分析するのがチャート分析。

☆【ムサシ】☆
なるほど。講師の教えは1本筋が通っているのがよくわかります。

★【小次郎講師】★
続いてステップ3は安定投資家になること。これが前々回話したトレードルールを作ることにつながる。

☆【ムサシ】☆
資産家になるにはテンバガー(10倍になる)の株を見つけ出すのではなく、安定的に利益を上げて複利運用することが大事と教わりました。

★【小次郎講師】★
複利の威力を知っているものが本物の投資家だ。その威力を使わない手はない。とすると安定投資家こそ、資産家になる最も近い道程とわかり、それがわかればトレードルール作りが必要とわかってくる。

☆【ムサシ】☆
そしてトレードルール作りが必要とわかればチャート分析が必要とわかるわけですね。

★【小次郎講師】★
そういうことだ。ファンダメンタルズ分析では残念ながらトレードルールは作れないからね。だからファンダメンタルズ分析派の投資家はどうしてもギャンブル投資になりやすい傾向がある。

☆【ムサシ】☆
最後の品格のある投資家とは?

★【小次郎講師】★
ほとんどの投資家がお金を増やしたいと思っているが、実はお金を増やすのはゴールではない。



続きはFITSお客様用バックナンバーページよりPDFでご覧ください。

「小次郎講師レポートバックナンバー」ページへ
(ページパスワードはFITSログイン後のお知らせ画面に記載しています)

小次郎レポート

【ご注意】

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス