株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

小次郎レポート

ピックアップコンテンツ

  • 武者陵司氏 講演
  •  
  • メキシコペソ円取引開始
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • 投資詐欺にご注意
  • フラッシュプレイヤー
小次郎講師レポートTOP

【140回】手仕舞いを極めるための3つのケース分類その4

2017.10.12掲載

 

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。

 

 

こんにちは。助手のムサシです。

 

 

 

★【小次郎講師】★
さて、手じまいの分類、本日はその4、いよいよ手じまいを究めるための3つのケース分類に入る。

☆【ムサシ】☆
ようやく、そこにたどりつきましたね。いよいよ最終段階ですか。

★【小次郎講師】★
仕掛けの3つのいケース分類は、①トレンド転換の仕掛け、②トレンド継続の仕掛け、③もみあい放れの仕掛けだった。いま一度復習しよう。

【仕掛けの3つのケース分類】
①トレンド転換の仕掛け
②トレンド継続の仕掛け
③もみあい放れの仕掛け

☆【ムサシ】☆
はい、そこまではしっかりと学びました。

★【小次郎講師】★
手じまいの3つのケース分類は、①一段上げの手じまい、②二段上げの手じまい、③三段上げの手じまいだ。

【手じまいの3つのケース分類】
①1段目の手じまい
②2段目の手じまい
③3段目の手じまい

☆【ムサシ】☆
なるほど。上昇相場の何段目かで手じまいルールを調整していくんですね。

★【小次郎講師】★
下降トレンドはこの逆、①一段下げの手じまい、②二段下げの手じまい、③三段下げの手じまいとなる。

【1、手じまいの3つのケース分類】

★【小次郎講師】★
手じまいの基本ルールは上昇相場で買いを仕掛けた後、ステージ1の間はしっかりと取ってステージ2になると手じまいするというもの。

☆【ムサシ】☆
下降トレンドでは売りを仕掛けた後、ステージ4の間はしっかりと取ってステージ5になると手じまう、ということですね。

★【小次郎講師】★
そうだ。

【手じまいの基本ルール】
・上昇トレンドの終了
ステージ2に変化したら手じまう
・下降トレンドの終了
ステージ5に変化したら手じまう

☆【ムサシ】☆
ここまでは理解しています。この手じまいポイントをケースによって使いわけていくのですね。

★【小次郎講師】★
そのとおり。

☆【ムサシ】☆
言うのは簡単なんですが、実際に行動するのは難しいですよ。

【2、1段目の手じまい】

★【小次郎講師】★
下図を参照。上昇相場の一段目が終わり、価格が帯に突入したとする。

20171012小次郎

☆【ムサシ】☆
きゃあ、不安ですね。

★【小次郎講師】★
まず、確認をするが、ステージ1で3本の移動平均線が右肩上がりを確認してエントリーする。そこから随分経過した。価格もある程度上昇した。しかし、上昇過程では決済しない。

☆【ムサシ】☆
ステージ1で推移している間は手じまわないんですよね。途中で一度価格が帯の上限近辺まで下げてきましたが、そこは平然とやりすごすんですね。

★【小次郎講師】★
そのとおり。移動平均線大循環分析を使うとトレードがすごくシンプルになる。価格変動の大半は悩む必要がなくなる。

☆【ムサシ】☆
なるほど、エントリーしてからステージ1が続いていたとしたら、悩んではいけないんですね。

★【小次郎講師】★
そう。平然と様子見する。そしてやがて価格が帯に突入する。ここら辺から悩むことを許す。

☆【ムサシ】☆
ようやく許していただけましたか。ではここで手じまいします。

★【小次郎講師】★
許すと言ってもそこで手じまいしていいわけではない。

☆【ムサシ】☆
まだ手じまってはいけないんですね。

★【小次郎講師】★
まずは手じまいの大原則。ローソク足の動きに一喜一憂しない。



続きはFITSお客様用バックナンバーページよりPDFでご覧ください。

「小次郎講師レポートバックナンバー」ページへ
(ページパスワードはFITSログイン後のお知らせ画面に記載しています)

小次郎レポート

【ご注意】

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

ピックアップコンテンツ

  • 武者陵司氏 講演
  •