株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

小次郎レポート

ピックアップコンテンツ

  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
小次郎講師レポートTOP

【第79回】 くりっく株365NY ダウ上場!後編

2016.07.08掲載

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。

 

 

 

こんにちは。助手のムサシです。

 

 

 

★ [小次郎講師】 ★
本日もくりっく株365NYダウ上場記念として、くりっく株365のNYダウについて解説したい。

☆ [ムサシ] ☆
前回の講師の発言がずっと気になっているんですけど。

★ [小次郎講師】 ★
なんだっけ?

■株365のNYダウは「超すごい」って話です。私も魅力的な取引だと思いますが、どこが「超すごい」んですか?

【1、NYダウの配当】
★ [小次郎講師】 ★
すぐに答えを教えてもらおうとするところが、きみの浅ましいところだ。1週間あったんだから、ムサシ君も考えただろ?言ってごらん。それとも1週間寝てたのかな?

☆ [ムサシ] ☆
失礼な。

★ [小次郎講師】 ★
では答えてごらん。

☆ [ムサシ] ☆
実は僕もちゃんと調べてきましたよ。ずばり、NYダウの魅力は配当です。

★ [小次郎講師】 ★
ほほう。配当がどう魅力的なのかな?正しくは配当相当額と言うべきだが、ま、そこはいいだろう。

☆ [ムサシ] ☆
株365って、たとえば日経225でも配当があるじゃないですか?

★ [小次郎講師】 ★
配当相当額ね。

☆ [ムサシ] ☆
ここが大阪取引所の日経225先物と大きく違うところですね。日経225先物には配当はない。それに対して株365の日経225は配当がある。NYダウも同じ仕組みです。確か、去年もし、NYダウの取引が日本で行われていたら、年末のNYダウが17,425ドルだったのに対し、配当は436.19ドルだったと聞きました。

★ [小次郎講師】 ★
よく調べてきた。

☆ [ムサシ] ☆
実は取引所の方がやっているセミナー動画を見ました。

★ [小次郎講師】 ★
なるほど。

☆ [ムサシ] ☆
この配当相当額、株365の魅力の1番で日経225もすごい配当だって評判なんですけど、このNYダウはそれを上回る配当です。しかも株365は証拠金なので証拠金に対する配当率と言ったら恐ろしい数字になります。これはもう凄いと言っていいです。

★ [小次郎講師】 ★
なるほど、やはりムサシ君は素人だね。

☆ [ムサシ] ☆
あちゃ。これじゃなかったんですか?

★ [小次郎講師】 ★
確かに株365の配当(相当額)は魅力。しかし、それは買方にとってであり、売方はその配当(相当額)が支払いになるということをきちんと説明しなければいけない。

☆ [ムサシ] ☆
すみません。僕、買いしかしないもので。

★ [小次郎講師】 ★
ごほん。この配当相当額に魅力を感じて、買いしかしないという投資法は私は好きではない。上がるときは買いで取り、下がるときは売りで取るというのが株365の魅力。今年は特に価格変動が大きいと言われている。そのときに買いしかしないというのはもったいなさすぎる。

☆ [ムサシ] ☆
確かに。

★ [小次郎講師】 ★
そして大きな配当相当額がもらえると言うと、何か買方圧倒的有利、売方圧倒的不利という印象を与えるがそんなことはないのでね、それを含めて買方と売方に有利不利はない。

☆ [ムサシ] ☆
とすると配当が「すごい」ということではないと。

★ [小次郎講師】 ★
配当も魅力のひとつ。しかし、それをすごいと思って売りをしないのはもったいないと言っておこう。

☆ [ムサシ] ☆
では、一体なにが株365のNYダウのすごさなんですか?

【2、ひと味違う株365のNYダウ】
★ [小次郎講師】 ★
では説明しよう。株365以外でもNYダウの取引は日本でもあるにはあるよな。大阪取引所にはNYダウの先物取引があるし、CFDなどで提供している会社もある。だが、この株365のNYダウはひと味違う。

☆ [ムサシ] ☆
どこがひと味違うんでしょう?

★ [小次郎講師】 ★
日本で株365以外でNYダウの取引をしている人がいて、NYダウを買ってたとする。そして、たとえばNYダウが値上がりした。でも日本で買っている人が必ず儲かってるかというとそうとは限らない。何故だろう?

☆ [ムサシ] ☆
え?NYダウの取引を日本でするんですね。で買ったと。そしてNYダウが上がったと。でも損しちゃったみたいなことですか?

★ [小次郎講師】 ★
そうだ。

☆ [ムサシ] ☆
なんでだろ?・・・・・あ、わかった。為替だ。為替が円高になったら損しちゃうことがありますね。

★ [小次郎講師】 ★
だね。わかりやすくするためにちょっと極端な例で説明しよう。

【円高で値上がり益がなくなる例】
1ドル100円のときに100万円出してNYダウを買う。
そのときのNYダウの価格を1万ドルとする。
1ドル100円で100万円だから1万ドルとなる。
とするとレバレッジ無しでNYダウが買える。

その後NYドルが1万1千ドルに値上がりしたので売却した。
手元には1万1千ドルが残った。
ところが為替は1ドル80円になってしまった。

するとその1万1千ドルを円換算したら、88万円となる。

★ [小次郎講師】 ★
なんとNYダウの取引では儲かっているのに、損してしまった。

☆ [ムサシ] ☆
確かに。つまりNYダウの取引をするときは為替変動も考慮しなければいけないということですね。



続きはFITSお客様用バックナンバーページよりPDFでご覧ください。

「小次郎講師レポートバックナンバー」ページへ
(ページパスワードはFITSログイン後のお知らせ画面に記載しています)

小次郎レポート

【ご注意】

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

ピックアップコンテンツ

  •