株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

小次郎レポート

ピックアップコンテンツ

  • 小次郎講師のメールマガジン
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
小次郎講師レポートTOP

【第69回】 第11部 「投資の基本」

2016.04.28掲載

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。

 

 

 

こんにちは。助手のムサシです。

 

★ 【小次郎講師】 ★
さて、ここで一度立ち返って投資の基本を話したい。

☆ [ムサシ] ☆
基本ですか?この間まで上級者向け最高レベルの投資の考え方を講義していたのに。

★ 【小次郎講師】 ★
まあ、そう言うな。ベテランでも意外と基本がわかってなかったりする。

【1、投資詐欺】

★ 【小次郎講師】 ★
アベノミクスがスタートして以来、投資家が増えたがそれにともなって投資詐欺も急増している。

☆ [ムサシ] ☆
困ったものです。

★ 【小次郎講師】 ★
これなども投資教育の遅れによるもの。投資をしなさいなどと言われても、一般投資家には何に投資をしていいのかさっぱりわからない。そこへ「こんな魅力的な商品がありますよ」などと声をかけられると思わず信じてしまう。

☆ [ムサシ] ☆
投資を必要としない世の中だったら、そんな声に耳を傾けることはないんでしょうが、新聞やテレビで投資が必要だという話は聞きますので、何も知らない人は甘い言葉にひっかかってしまうでしょうね。

★ 【小次郎講師】 ★
元本が保証されて、年間20%の利益が約束されているなどという商品は全てインチキ。現在定期預金の金利は0.024%。恐ろしい数字だね。100万円預けて1年後に240円の利子という時代。

☆ [ムサシ] ☆
なんかの手数料を取られるとあっという間に赤字になってしまいますね。

★ 【小次郎講師】 ★
そういった時代だから、何か有利な金融商品はないかとみんな探している。

☆ [ムサシ] ☆
少しでも有利なもので運用したいと思うのは人間の常です。

★ 【小次郎講師】 ★
気持ちはわかる。少しでも金利がよくて、リスクは無くて。

☆ [ムサシ] ☆
そうです、そうです。

★ 【小次郎講師】 ★
はっきり言っておこう。そういったものはない!あると思うから詐欺に引っかかる。

☆ [ムサシ] ☆
リスクがなくて、金利だけいいという商品はどこを探してもないんですね。

★ 【小次郎講師】 ★
ない。

【2、投資の基本原則】

★ 【小次郎講師】 ★
ここで、投資の基本原則を覚えておこう。一般常識のようなことなのだが、この基本原則さえ、日本人は知らないのだよ。「リスクのないものは金利が低い」「金利が高いものは高い分だけリスクも高い」

【投資の基本原則】
・リスクのないものは、金利が低い。
・金利が高いのは高い分だけリスクが高い

☆ [ムサシ] ☆
なるほど。ということはリスクが低くて金利が高いものを探すのは探すだけ無駄だと。

★ 【小次郎講師】 ★
そういうこと。そういうものはないからね。ところがどこかにあるんじゃないか。一部の偉い人、賢い人はそういったものを利用しているんじゃないかと思ってしまうことが、詐欺につけ込まれる。

☆ [ムサシ] ☆
誰がどんなに一生懸命探しても、この世にはリスクがなくて金利だけ高いというものはない!ということをみんなが認識する必要がありますね。

★ 【小次郎講師】 ★
それをしっかりと胸に刻んでおこう。定期預金と株式とを比較して株式の方が儲かったときの利益が大きいのは株式には損することもあるというリスクがあるから。株式に比べて、先物取引やFX取引の方が儲けが大きいのは、株式は損しても投資金額の範囲内だけど、先物取引やFX取引は投資金以上に損することがある。つまり、それだけリスクが高いからなのだよ。

☆ [ムサシ] ☆
リスクが多くあればそれだけ儲かったときの利益も大きい。リスクが少なければそれだけ儲からない。単純な理屈ですね。

★ 【小次郎講師】 ★
たとえば銀行預金と国債とを比較すると、国債の方が金利が少し高い。どちらも元本保証。その差は何かというと、銀行預金は途中換金しても元金が傷つくことはない。国債は満期まで持てば元本は保証されているが、途中で換金すると、時には損することもある。つまり、銀行預金よりリスクがあるので、その分だけ金利が高い。

☆ [ムサシ] ☆
なるほど、理屈がわかると簡単ですね。

【3、デフォルトのリスク】

★ [小次郎講師】 ★
ブラジルだのインドネシアだの新興国のファンドを買う投資家が多い。年7%とか、すごい金利のことがある。それはその国が超インフレだったり、デフォルトする危険性があったりするから。

☆ [ムサシ] ☆
デフォルトってなんですか?

★ 【小次郎講師】 ★
お金が返せない状態さ。「破綻」などという言葉を使えばわかるかな。金融機関がデフォルトを起こすだけでなく、国家としてデフォルト状態になることがある。するとお金は返ってこない。海外のファンドには為替リスクもあったりする。そのリスクが高い分だけ、金利が高くなっている。その理屈を理解しなければいけない。

☆ [ムサシ] ☆
元本保証の金融商品だったらいいわけですね。

★ 【小次郎講師】 ★
ところが、元本保証と言っても、厳密な意味での元本保証という金融商品はほとんどないのさ。定期預金や国債も、その金融機関なり国なりがデフォルトしなければきちんと元金が返ってきますよというだけで、デフォルトしたら返ってくる保証はない。ということで現在は元本保証という言葉をうかつに使ってはいけないということになっている。

☆ [ムサシ] ☆
え?そうなんですか?

続きはFITSお客様用バックナンバーページよりPDFでご覧ください。

「小次郎講師レポートバックナンバー」ページへ
(ページパスワードはFITSログイン後のお知らせ画面に記載しています)

小次郎レポート

【ご注意】

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

ピックアップコンテンツ

  •