株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

小次郎レポート

ピックアップコンテンツ

  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
小次郎講師レポートTOP

【第123回】TradingView入門②

2017.05.12掲載

 

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。

 

 

こんにちは。助手のムサシです。

 

 

 

★【小次郎講師】★
さて、最新チャートシステムTradingViewの使い方の続き

☆【ムサシ】☆
前回の説明だけでも、本当にすごいチャートシステムですね。
無料で使えるのが投資家に優しくてありがたいです。分析用のサポートツールとして取り入れたいと思いました。

★【小次郎講師】★
すごいチャートシステムでも使えなくては意味がない。機能が豊富なチャートシステムに共通して言えることなのだが、機能が豊富な分、使い方がわかりにくい事が難点だ。しっかりと使いこなせるようにまずは、使い方を基礎から教えていこうと考えておる。

☆【ムサシ】☆
是非是非、よろしくお願いします。

【1、FX銘柄表示】

★【小次郎講師】★
前回も伝えた「TradingView」の強みを復習だ。このチャートシステムの売りは株式・FX・指数・コモディティなど多種多様な金融商品を表示出来ること。しかも世界中の価格をね。
これだけで投資家に大いに役立つチャートシステムだ。

☆【ムサシ】☆
まずは、それぞれの銘柄の表示の方法ですね。分かりやすく教えてください!!

★【小次郎講師】★
チャートを見るだけであれば登録も不要だが、機能が制限されているので、無料会員への登録はした方がいいだろう。分析のサポートツールとして利用するのであれば無料会員でOKだ。

☆【ムサシ】☆
無料の会員登録をするとどんな利点があるんですか?

★【小次郎講師】★
大きな違いは、PCにて自分用に設定した内容をスマートフォンやタブレットでも同様の設定で確認することができるようになる。
分析したい銘柄などを登録しておくと、いちいち設定する必要がなくなるのが最大の利点だろう。

☆【ムサシ】☆
おぉ、いいですね。スマートフォンからでも見られれば何処にいても分析できますね!

★【小次郎講師】★
そうだ。さて話を戻そう。銘柄の表示の仕方だが、チャート画面の左上に銘柄コードを入れるところがある。

20170512小次郎1

★【小次郎講師】★
そこにコードを入れるだけだ。いたってシンプルな作りになっている。

☆【ムサシ】☆
簡単ですね、でも、その銘柄コードがよくわかりません。

★【小次郎講師】★
FXは一番簡単だ。ドル円ならUSDJPYと入力する。これは一般のFX業者でも同じじゃないかな。主な通貨のコードは以下のとおり。

20170512小次郎2

☆【ムサシ】☆
随分ありますね。

★【小次郎講師】★
これが全てではない。まだまだ他の通貨も表示出来る。そして面白い機能だが、米ドル/円(USDJPY)をJPYUSDと入力すると円/米ドルのチャートが表示出来る。



続きはFITSお客様用バックナンバーページよりPDFでご覧ください。

「小次郎講師レポートバックナンバー」ページへ
(ページパスワードはFITSログイン後のお知らせ画面に記載しています)

小次郎レポート

【ご注意】

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

ピックアップコンテンツ

  •