株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

小次郎レポート

ピックアップコンテンツ

  • 小次郎講師のメールマガジン
  • 第3回TOCOMリアルトレードコンテスト
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
小次郎講師レポートTOP

【第5回】 第1部 資金管理 4 (マネーマネージメント)

2014.06.13掲載

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。
前回の講義、その商品の1日あたりの値動きを知るという重要な テーマだったがご理解いただけたかな?

 

 

助手のムサシです。その商品の平均的な値動きをAKBと言います。大事ですよ。

 

★[小次郎講師]★
何度も言うがAKBはトレーダーズバイブルには出てこない。 「ATR」ね。

☆[ムサシ]☆
すみません。総選挙が頭に残ってて。まゆゆ、おめでとう!

★[小次郎講師]★
ゴホン。知らん。

  【1、ATR復習】

★[小次郎講師]★
その商品の1日あたりの平均的値動きをATRと呼ぶ。
このATRがいくらかを把握することが資金管理の第一歩。
ここを知らずして資金管理は語れない!

☆[ムサシ]☆
そのとおりですね。
でもそういうことをきちんと教えてくれるところが ないことが残念です。

★[小次郎講師]★
そのとおり。

☆[ムサシ]☆
もっともフジトミさんのホームページを見れば、最新のATRが出てるん ですけどね。便利便利。フジトミさん感謝。投資家の皆さーん、フジト ミさんのホームページのATR見てますか-。

★[小次郎講師]★
それはありがたいが、まず自分で計算できるようになって、それからフ ジトミさんのATRを参考にするという順番だから勘違いしないように ね。
そして本日はいよいよ、1回あたりの適正な取引量の決定の仕方をお教 えする。ジャジャーン!(←効果音)

  【2、リスクを計測出来るか?】

★[小次郎講師]★
ムサシ君、きみはいつも大体、各銘柄をどれくらいの取引量でやってい る?

☆[ムサシ]☆
取引量?

★[小次郎講師]★
1回、何枚ずつ取引しているかということだよ。

☆[ムサシ]☆
なるほど。
私は計算がしやすいように必ず1枚単位でやっています。
金も1枚、ガ ソリンも1枚、ゴムも穀物も1枚です。

★[小次郎講師]★
金ミニや白金ミニをするときは?

☆[ムサシ]☆
わけへだてなく全て1枚です。平等主義なので。

★[小次郎講師]★
そこに平等主義はいらないぞ。
ミニもラージも1枚というのはおかしいと思わないか?
ちなみに現在は取引中?それとも休憩中。

☆[ムサシ]☆
もちろん取引中です。金と白金と株とFXを少々。

★[小次郎講師]★
いろいろやっているねえ。
ではムサシ君に聞くぞ。
今きみは、いくらリスクをとっている?

☆[ムサシ]☆
リスク?いくらって言われても、どう答えればいいか・・・・。

★[小次郎講師]★
では聞き方を変えよう。
今、ムサシ君は、投資用資金に対して1日あたり何%のリスクをとって いる?

☆[ムサシ]☆
うーん、リスクを何%って考え方をしたことがなかったですね。
計算の仕方もわからないし・・・。

★[小次郎講師]★
どんな銘柄を取引しようと、何銘柄取引しようと、自分がどれくらいリ スクをとっているかは瞬時に答えられなくてはならない。
そして
これから私が皆さんに教えたいと思っているのは自分がどれくらい リスクをとっているかが瞬時にわかるトレード手法だ!

☆[ムサシ]☆
瞬時にですか?コンピューターや電卓を使わずですか?

★[小次郎講師]★
私が教える手法を使えば、コンピューターも電卓もなしに、自分がいく らリスクをとっているかが瞬時に答えられる。誰でも!

☆[ムサシ]☆
それはすごい。ノーベル賞ものだ。

★[小次郎講師]★
ま、私が開発したのではないから誤解の無いように。
そういったトレード手法は何十年も前からあるのに、日本は投資教育が 遅れているのでほとんどの人が知らない。

☆[ムサシ]☆
それってとても残念ですね。小次郎講師に頑張ってもらわなくては。

  【3、1回のトレードで取るリスクは?】

★[小次郎講師]★
ところで、ムサシ君、1回のトレードでどれくらいリスクを取るのが適 切だと思う?

☆[ムサシ]☆
うーん、難しい質問ですね。

★[小次郎講師]★
大きなリスクを取ってしまったら、1回の失敗で取り返しのつかないこ とになる。かといって、リスクを抑えすぎたら利益にはつながらない。

☆[ムサシ]☆
ですね。永遠のテーマです。

★[小次郎講師]★
ではプロのトレーダーはどれくらいリスクを取っていると思う?それを 知りたくはないか?

☆[ムサシ]☆
知りたいです!

★[小次郎講師]★
本やインターネットを探してもなかなか出てこない。
こういう情報が大事だと思わないか?

☆[ムサシ]☆
思います。思います。

★[小次郎講師]★
私が研究している伝説のトレーダー集団タートルズは1回のトレードで 1日あたり1%のリスクを取る。

☆[ムサシ]☆
わかりやすいようでイメージしづらいです。もう少し具体的に。

★[小次郎講師]★
投資用資金1千万のタートルズがいたとする。
そのタートルズが本日ある銘柄を仕掛けた。

☆[ムサシ]☆
買うか売るかしたわけですね。

★[小次郎講師]★
ところがその銘柄が予想と逆方向に動いたとする。
そのとき1日で出る(計算上の)損失は、投資用資金1千万の1%、つ まり10万円ということ。

☆[ムサシ]☆
なるほどぉ。
私は1日で30%も40%もやられたことがありますが、そ れは私の資金管理が間違っていたんですね。

★[小次郎講師]★
ま、そういうことだ。
では、そのための適切な1回あたりの取引量決定システムをお教えしよ う。

☆[ムサシ]☆
待ってました!

  【4、ユニットとは?】

★[小次郎講師]★
タートルズのトレードシステムでは1回あたりのトレード量を 1ユニットと呼ぶ。

☆[ムサシ]☆
「ユニット」!?初めて聞きました。
ユニットって言ったら日本ではバ スとか、トイレとか・・・そんなものしか思い浮かびません。

★[小次郎講師]★
ユニットバス、ユニットトイレか。投資には全然関係ないぞ。

ユニットとは「単位」を表す英語。
商品先物では1枚という単位になっ ているが、金は1キロ単位、白金は500g単位、ガソリンは50キロと それぞれ違う。そして、株は100株単位とか、FXは1万通貨単位とか、 さまざま。
ということはいろいろな銘柄を横断的に取引しているとわけ がわからなくなる。

☆[ムサシ]☆
そのためにも金(きん)なら金だけ取引すればいいんじゃないんです か?

★[小次郎講師]★
それでは銘柄分散にならない。
後の章で、詳しく説明するが、金しか取 引しないというトレードスタイルはおすすめできない。

☆[ムサシ]☆
どうしてですか?いろいろ取引するとどれも中途半端になるので、金と かゴムとか、ターゲットを絞って得意銘柄を作ることは悪いことではな いと思いますが。

★[小次郎講師]★
もちろん、得意銘柄を作るのは悪いことではない。
でも、その銘柄しか しないというのはトレーダーとして、正しい姿勢ではない。

☆[ムサシ]☆
なぜですか?

★[小次郎講師]★
たとえば金しか取引しないトレーダーとする。するとたとえば金が動か なくなったらなにもやることがなくなる。半年くらい動かないことはあ るぞ。どんな銘柄でも。

☆[ムサシ]☆
なるほど。

★[小次郎講師]★
で、金しかしないトレーダーは、つい、動かないときも金を買ったり売 ったりしている。

☆[ムサシ]☆
そうですそうです。見ているとやりたくなりますものね。
でも、それを我慢することができれば、金だけのトレーダーというのも 悪くないですか?

★[小次郎講師]★
いや、やはり駄目だね。
どんなにチャンスだと思って仕掛けても逆方向にいくことはあるのだ よ。
ひとつの銘柄しかしないということは全部外れたということにな る。
銘柄分散をしていれば全てが外れるということはほとんどない。

☆[ムサシ]☆
なるほど、ひとつの銘柄を仕掛けて失敗すると全部外れたということに なるんですね。

★[小次郎講師]★
一般トレーダーは取引したときに、儲かることばかり考えている。
プロ は常に失敗したときを考え、そのときでもやけどをしないトレード方法 を選択するのだよ。

☆[ムサシ]☆
なるほど。それは大切ですね。

★[小次郎講師]★
ということで、どんな銘柄でも共通して取引できる魔法の単位 「ユニット」の説明をする。

☆[ムサシ]☆
株式でもFXでもコモディティでも共通して取引できるんですね。
まさに魔法だ。

★[小次郎講師]★
これからは商品先物を取引するときでもFXを取引するときでも株式を 取引するときでも、ユニット単位で取引をする。
すると単位の違うさまざまな銘柄が全て同じ仕組みで取引出来るように なる。

☆[ムサシ]☆
まさにミラクル!

★[小次郎講師]★
1日で自分の投資用資金の1%をリスクにさらす取引量をユニ ットと呼ぶ。
ポイントはリスクから逆算して取引量を決定すること。
たいていは適当 に取引して、その後で自分の取引量はどれくらいリスクがあるんだろう かと考える。

☆[ムサシ]☆
ですね。だから、いろいろな銘柄を取引しているとわからなくなる。

★[小次郎講師]★
タートルズの手法はリスクから逆算して取引量を決める。
だから取引量 が決まった瞬間リスク量も決まる。
トレード手法が資金管理・リスク管 理と一体化しているというのがわかるかな。

☆[ムサシ]☆
まさに逆転の発想。目からウロコの資金管理法ですね。
具体的に教えて ください。

・・・
・・・
・・・

続きはFITSお客様用バックナンバーページよりPDFでご覧ください。

「小次郎講師レポートバックナンバー」ページへ
(ページパスワードはFITSログイン後のお知らせ画面に記載しています)

小次郎レポート

【ご注意】

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

ピックアップコンテンツ

  •