株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

小次郎レポート

ピックアップコンテンツ

  • 小次郎講師のメールマガジン
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
小次郎講師レポートTOP

【第28回】 第5部 仕切りのルール 「トレイリングストップ」

2015.05.22掲載

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。

 

 

 

助手のムサシです。

 

★[小次郎講師]★
本日はトレイリングストップをお教えする。ムサシ君もちろん知ってるね?

☆[ムサシ]☆
名前だけは聞いたことがありますが・・・

★[小次郎講師]★
では詳しくお教えしよう。

  【1、一回のトレードで取るリスク】

★[小次郎講師]★
まずは、前回の復習から。トレードは1ユニットずつ行うのが基本。
そしてもし逆方向に行ったときには設定したロスカットラインで潔く損切りする。

☆[ムサシ]☆
そのロスカット幅が確か2ATR

★[小次郎講師]★
タートルズはATRのことをNと呼び、全てNで管理した。
つまりロスカットラインは2Nの逆方向。利益確定も損切りも全てNで管理するとすごく便利。
5N利益を取って次の取引で2N損したとする。するとトータール3Nの利益。3Nの利益ということは投資用資金が3%増えたということ。

☆[ムサシ]☆
わかりやすい。

★[小次郎講師]★
ところで2Nのロスカットを設定したとする。
1回のトレードで取るリスクは投資用資金の何%だね?

☆[ムサシ]☆
えーと、1回のトレードは1ユニットですよね。
それで2NつまりATRの倍損したとしたら・・・2%ですか?

★[小次郎講師]★
これくらいすぐに答えてほしいぞ。トレードは1ユニットずつ行う。そして逆方向に行って2Nで損切りしたとする。Nは1ユニットが投資用資金の1%のリスクになる値幅。つまり2Nは2%だ。

☆[ムサシ]☆
なるほど。

★[小次郎講師]★
ここでこの2%という数字に注目してほしい。
タートルズだけでなく、ありとあらゆる優秀な投資家の基準となるリスクが1回のトレードで2%。これが世界標準。

☆[ムサシ]☆
つまり、1回、何かの銘柄を買うなり売るなりして、それが失敗に終わったときに、出るリスクは投資用資金の2%ということですね。

★[小次郎講師]★
そうだ。

☆[ムサシ]☆
投資用100万円の人なら2万円の損、1000万の人なら20万の損。

★[小次郎講師]★
この世界標準を覚えておいて、自分のトレードと比較するといい。

☆[ムサシ]☆
投資用資金100万円で、1回のトレードを失敗したら30万損が出ましたとかいう人、いっぱいいますよね。

★[小次郎講師]★
投資の世界は絶対がない世界。あたり外れの中で利益をあげていこうとしたら、1回のトレードで大きなリスクを取ることは厳禁。
ここが出来てない人が多いので、各自確認すること。

☆[ムサシ]☆
了解。

  【2、トレイリングストップとは?】

★[小次郎講師]★
トレインリングストップとかトレールストップとか呼ばれるが、これはギャン理論のギャンさんが100年も前から提唱してきた手法。
ところが、日本ではここ10年くらいでようやく認知されだした。
価格の変動に合わせてロスカットラインを変動させる手法。

☆[ムサシ]☆
trailとは「跡を追う」とか「追跡する」とかいう意味ですね。

★[小次郎講師]★
価格が上昇したらそれに合わせてロスカットラインも引き上げていくことを言う。

☆[ムサシ]☆
なるほど。

★[小次郎講師]★
まずは通常のロスカットラインの設定から見てみよう。

★[小次郎講師]★
100円で買ってロスカットラインを98円に設定したとする。
その後順調に価格が上昇していき、いい調子だなと思ったところ、急に価格があれよあれよと下げだした。
で、気がついたらロスカットラインになってしまい、取引終了。

☆[ムサシ]☆
よくある話ですね。途中まではいい感じだったんだけどなあという話。

★[小次郎講師]★
これだと結局損切りだよね。
それに対してトレイリングストップとは価格の上昇に合わせてロスカットラインも切り上げていく手法。

★[小次郎講師]★
最初100円で買いました。この時のロスカットラインは98円。
その後価格が102円まで上昇したので、ロスカットラインも100円に引き上げる。同様に価格が104円になったら102円、106円になったら104円と順次ロスカットラインを引き上げていく。
価格はどこかで天井打って下げ出す。でも既にロスカットラインは104円となっているので、そこで決済しても利益だ。

☆[ムサシ]☆
なるほど、これは便利ですね。

★[小次郎講師]★
価格の上昇に合わせて損失が次第に減り、あるところからは利益が確定していく手法。

☆[ムサシ]☆
それは凄い。

★[小次郎講師]★
主に2種類の方法があり、価格が上昇したらその上昇がいくらであれ、その上昇した分、自動的にロスカットラインも切り上げていく方法と、節目の価格、たとえば10円上がったら、ロスカットラインも10円上げるとか、いうやり方がある。

☆[ムサシ]☆
なるほど。

  【3、トレイリングストップの問題点と改善法】

★[小次郎講師]★
有効な手法なので、まだ利用していない人には是非、利用してもらいたいが、問題点もある。

☆[ムサシ]☆
問題点?…

>

・・・
・・・
・・・

続きはFITSお客様用バックナンバーページよりPDFでご覧ください。

「小次郎講師レポートバックナンバー」ページへ
(ページパスワードはFITSログイン後のお知らせ画面に記載しています)

小次郎レポート

【ご注意】

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

ピックアップコンテンツ

  •