株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

小次郎レポート

ピックアップコンテンツ

  • 小次郎講師のメールマガジン
  • 第3回TOCOMリアルトレードコンテスト
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
小次郎講師レポートTOP

【第7回】 「暴落の秋こそチャンス!」

2014.10.20掲載

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。
月1ペースでお送りしているチャート分析の実践編。

 

 

助手のムサシです。よろしくお願いします。

 

★[小次郎講師]★
NYの株が下げ出し、日本株に飛び火し、コモディティを含め暴落の秋がやってきた。

  【1、暴落の秋】

☆[ムサシ]☆
いや大変ですね。これからどうなるんですかねえ。怖いですねえ。

★[小次郎講師]★
ちょっと待て、ムサシ君はNYの株を買っているのか?

☆[ムサシ]☆
いえ、買ってないです。

★[小次郎講師]★
日本の株は?

☆[ムサシ]☆
買ってないです。

★[小次郎講師]★
コモディティは

☆[ムサシ]☆
それも買ってないですけど・・・。

★[小次郎講師]★
で、何を怖いとぬかすのだ。
すまん、言葉が悪かった。何を怖いとのたまうのだ?

☆[ムサシ]☆
いやそんなに攻めないでくださいよ。だって暴落って怖いじゃないですか。

  【2、売りは買いより魅力あり!】

★[小次郎講師]★
ムサシ君、いや、全ての投資家に言いたい。

☆[ムサシ]☆
何をですか?全ての投資家に対してなんて大げさな。

★[小次郎講師]★
いや、声を大にして言いたいぞ。
投資をする人にとって、暴落こそ最大のチャンス!暴落は神様が投資家にくれた最大のプレゼント。
少なくとも投資家はそう思わなければいけない。
それが勝ち組投資家の心得。

☆[ムサシ]☆
暴落こそ最大のチャンス!?

★[小次郎講師]★
先物取引を全然やってない人が、たとえば金暴騰のニュースを聞くと、「いやあ金凄いね、暴騰しているね、僕も先物取引して金を買っておけば良かったなあ」などと言う。

☆[ムサシ]☆
言います、言います。

★[小次郎講師]★
先物取引には(新規)買いもあれば(新規)売りもある。
つまり下げでも利益が取れる。
ということは先物取引の投資家は暴騰を喜ぶように暴落も喜ばなければおかしい。

☆[ムサシ]☆
確かに。

★[小次郎講師]★
そして私の長年の経験から言うと、買いで儲けるより売りで儲ける方が圧倒的に有利だ。

☆[ムサシ]☆
そうなんですか?

★[小次郎講師]★
売りのメリットをまとめてみよう。
まず、値段が上昇するのは時間をかけてゆっくりとだが、下がるのはあっという間だ。

☆[ムサシ]☆
それで買いを「ロング」と言い、売りを「ショート」と言うという説があったりします。

★[小次郎講師]★
つまり「売り」は儲けるときは短期間で儲けられ、損するときは徐々に損していくので大きな損になる前に手じまうことが出来る。

☆[ムサシ]☆
なるほど、利益を早くとれるだけでなくて、損も大きな損が出にくいんですね。
それは有利だ。

★[小次郎講師]★
ところが、「買い」は儲けるのに時間がかかり、あっという間に下がってしまう。
下げが早いので損切りのタイミングを逃し、大きな損になってしまう。

☆[ムサシ]☆
よくあります。

★[小次郎講師]★
その他にこういう人もいる。買いはインフレの時に儲かる。
ということは100万円儲けたと言ってもインフレになっているわけだからその分100万円の価値は割り引かれる。
ところが、売りはデフレの時に儲かるわけだから、100万円の利益がさらに割り増しの価値を持つ
と。

☆[ムサシ]☆
もっともだ。

★[小次郎講師]★
「買い」しかしない投資家がよくいる。

☆[ムサシ]☆
株式投資家なんて大半がそうですね。

★[小次郎講師]★
それは単純に考えてチャンスが2分の1だし、しかも利益を取るのに時間がかかり、損をするのにあっという間という魅力のない投資をしていることになる。
商品先物取引では「買い」と「売り」は同条件。
せっかく先物取引をしていながら「買い」しかしない投資家はチャンスを逃しているという意味で大いに損をしていることになるぞ。

☆[ムサシ]☆
なるほどなるほど。

  【3、暴落が起こる理由】

★[小次郎講師]★
さて、今日のテーマは暴落相場を取るということ。まず、ムサシくん、相場の暴落は何故起こると思う。

☆[ムサシ]☆
何故って、それは相場が下がる要因が突然出てきて、市場が突然売り一色になるからじゃないですか?

★[小次郎講師]★
惜しい。ところでムサシくんポーカーはするかい?

☆[ムサシ]☆
ポーカーですか?突然ですね。
学生時代やったことありますけどね。ワンペアとかツーペアとかいうやつですね。

★[小次郎講師]★
5枚のカードを交換して強いカードを作るゲーム。
ロイヤルストレートフラッシュ・フォアカード・フルハウスなどが強い手となる。

☆[ムサシ]☆
知ってます。ワンペアとかぶた(役がないこと)だとほとんど勝てないです。

★[小次郎講師]★
で、その役に応じて賭け金をつり上げていくことをレイズと言う。

☆[ムサシ]☆
手が悪いときは降りるんですよね。

★[小次郎講師]★
降りると負けが確定するが、レイズして賭け金をつり上げていくと最後に負けたときに大きな負けになるので、手が悪ければ早めに降りるのが鉄則。
ところで、ポーカーで大きく稼げるのはどんな時だと思う?

☆[ムサシ]☆
そりゃいい手が来たときですね。
フォアカードとか、ストレートフラッシュとか。

★[小次郎講師]★
それだけじゃ大きくは稼げない。
こちらがフォアカードなのに、相手がぶただと、すぐに相手が降りてしまうので、勝てる金額は少額だ。

☆[ムサシ]☆
なるほど。

★[小次郎講師]★
一番勝てるのはこちらがロイヤルストレートフラッシュで相手がフォアカードなどというとき、どちらも降りないから賭け金がふくれあがるふくれあがる。

☆[ムサシ]☆
なるほど、そこで勝った時が一番大きな利益ですね。
でもそれと相場とどう関係があるんですか?

★[小次郎講師]★
ほとんどの投資家が暴落が起こる原因を大きな売り材料が突然出てきたことによると思っている。

☆[ムサシ]☆
違うんですか?

★[小次郎講師]★
それは自分がロイヤルストレートフラッシュを持っているというだけ。
相手がぶただったら小さな勝ちにしかつながらない。

☆[ムサシ]☆
つまりどういうことですか?

★[小次郎講師]★
暴落する前提材料として、これから上がるだろうという人が沢山いたということが必要なのだよ。
沢山の人が上がると思っていたのに、突然何らかの材料で下げ出した。すると買ってた人はどうなる?

☆[ムサシ]☆
パニックになりますね。

★[小次郎講師]★
パニックになって狼狽売りを出す。
価格が暴落するのはその狼狽売りによってなのだ
よ。
とすると大事なことがわかる。

☆[ムサシ]☆
なんですか?

★[小次郎講師]★

・・・
・・・
・・・

続きはFITSお客様用バックナンバーページよりPDFでご覧ください。

「小次郎講師レポートバックナンバー」ページへ
(ページパスワードはFITSログイン後のお知らせ画面に記載しています)

小次郎レポート

【ご注意】

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

ピックアップコンテンツ

  •