株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

小次郎レポート

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
小次郎講師レポートTOP

【第15回】 「コーンが動き出した!」 (2015.6.26分析)

2015.06.29掲載

皆さん、こんにちは、小次郎講師です。

 

 

 

助手のムサシです。

 

★[小次郎講師]★
さてさて、秘伝のチャート分析では長期連載中だった「移動平均線大循環分析」が完結した。
やはり、分析しやすいことと奥が深いことで人気だ。
今日はその大循環分析を使って直近のチャートを分析したい。

☆[ムサシ]☆
それはありがたい。
やはり直近のチャートでどう見るかが一番興味深いです。

  【1、移動平均線大循環分析復習】

★[小次郎講師]★
まずは、復習。
「移動平均線大循環分析」とは究極の移動平均線分析と呼ばれる、移動平均線の3本使い。

☆[ムサシ]☆
3本とは短期移動平均線・中期移動平均線・長期移動平均線の3本ですね。

★[小次郎講師]★
そう。
そして、パラメーターだが、これは自分で最適なものを見つけ出してもらいたいのだが、入門者にそれを求めるのは酷なので、最初は5日・20日40日を使うといい。
日足以外でも同じパラメーターでいい。

☆[ムサシ]☆
ということは5本移動平均線、20本移動平均線、40本移動平均線ですね。

★[小次郎講師]★
そうだね。この3本の並び順と傾きを見て、上から短期(5本)・中期(20本)・長期(40本)の並び順になって、3本の移動平均線が右肩上がりなったら買いにエッジがある状況。
下から短期・中期・長期の並び順になって3本の移動平均線が右肩下がりなら売りにエッジがある状況。
そういう状況を見つけたらすかさずエントリーする。

☆[ムサシ]☆
確か、3本の線の並び順には法則があるんでしたね?

★[小次郎講師]★
3本の線の並び順は全部で6種類、それを上記のようにステージ①ステージ②・・・と名付けているが、なんと、このステージの変化は法則があって、約7割は上記の順番で推移する。

☆[ムサシ]☆
そして残りの3割はこの逆の動きをやはり1段階ずつ推移すると。

★[小次郎講師]★
押し目の典型的パターンはステージ①②①、戻しの典型的パターンはステージ④⑤④

☆[ムサシ]☆
よくあるパターンですね。覚えました。

★[小次郎講師]★
以上、復習終わり。いよいよ実践だ。

  【2、東京トウモロコシ】

★[小次郎講師]★
まずは東京トウモロコシ日足、いよいよトウモロコシが動き出した予感がする。

★[小次郎講師]★
3月から安定下降のステージ④が続いていた。
その下降相場が5月中旬に底打ち。そこからステージ⑤、⑥、①と正しく変化して、今ステージ①が加速している状態。
久々にいい形のチャートとなった。

☆[ムサシ]☆
買いたいですね。

★[小次郎講師]★
しかし、本来仕掛ける場所はステージ①になって③本の線が右肩上がりになったことを確認した瞬間だからね。
と考えるとここから買っていいのかと悩む。

☆[ムサシ]☆
そうなんですね。
ステージ①が良い形になっている銘柄を発見しても、今から仕掛けていいのかどうかは迷います。

★[小次郎講師]★
そういうときは週足を見るといい。

★[小次郎講師]★
どうかな今のトレンドは?

☆[ムサシ]☆
長期線が完全に横這いですね。
これはもみあい相場の典型的パターンではなかったですか?

★[小次郎講師]★
そうだ。しかも3本の線がくっついている。
これももみあい相場の特徴。とすると、日足は勢いがあるが週足ではトレンドがあるとはまだ言えない。
もみあいを上放れるまでにはまだまだあるからね。

☆[ムサシ]☆
ということは現状はまだまだもみあいの中の上昇ということですね。

★[小次郎講師]★
本格上昇と判断するには前回の高値を上抜ける必要がある。これは随分先だ。
そこまで勢いがなくならないか注視しよう。

  【3、東京金】

★[小次郎講師]★
続いて東京金。ここからは日足と週足を並べてみる。

★[小次郎講師]★
日足ではステージ①からステージ②になって、ステージ①にまた戻るか、ステージ③に移行するかというところ。
ステージ①に戻れば、①②①の押し目買いパターン。
ステージ③に移行すれば、そのままステージ④となり、下降トレンドに変わってしまうかもしれない。

☆[ムサシ]☆
分岐点ですね。

★[小次郎講師]★
それに対し、週足では①②①の押し目買いパターンで展開中。
特に長期線が揺るぎなく上昇しているところがいい。
中期線が下がっているところがマイナスポイントだが。

☆[ムサシ]☆
すると上昇トレンドが続くのか、少しもみあいに移行するのかというところですね。

★[小次郎講師]★
そういうこと。

  【4、東京ガソリン】

★[小次郎講師]★
ガソリンの日足は上昇相場から短期・中期・長期が接近し横這いになるという典型的もみあい相場に移行している。
これがどこまで続くかということで週足を見てみよう。

☆[ムサシ]☆
ガソリンは日足と週足で随分イメージが違いますね。

★[小次郎講師]★
そうだね。週足では…

・・・
・・・
・・・

続きはFITSお客様用バックナンバーページよりPDFでご覧ください。

「小次郎講師レポートバックナンバー」ページへ
(ページパスワードはFITSログイン後のお知らせ画面に記載しています)

小次郎レポート

【ご注意】

  • ・本情報は、筆者の主観からなる情報の提供を目的にとしたものであり、勧誘を目的としたものではありません。
  • ・最終的な投資判断は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本情報の利用により損失が発生した場合でも、当社による責任は負いかねます。
  • ・損失の補てんや利益の供給は法律で禁じられており、一切行うことはございません。
  • ・本レポートの著作権は筆者ならびに当社に帰属します。無断転載・転用等一切お断りします

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス