株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

各種お知らせ

ピックアップコンテンツ

  • 杉村太蔵氏 講演 フジトミの日経225・NYダウ投資セミナー
  • 岸博幸氏 講演 日経225投資セミナー
マーケット情報

各種お知らせ

【くりっく365】取引所為替証拠金取引における証拠金率変更についてのお知らせ

  • 2017/02/14
  • FUJITOMI
  • くりっく365
  • くりっく株365
  • 投資サービス事業

【くりっく365】取引所為替証拠金取引における証拠金率変更についてのお知らせ

平成29年2月27日(月)より、東京金融取引所「くりっく365」において証拠金制度変更に伴い、お客様に適用される証拠金基準額が変更となりますのでご案内いたします。

【制度変更について】

東京金融取引所が定める必要証拠金率は、個人の場合は一律4%(レバレッジ25倍)、一定の条件を満たした法人の場合は一部通貨ペアが4%でその他は一律0.65%となっております
(法人証拠金の運用を行うか否かは取引参加者(当社を含む取引業者)にゆだねられており、当社では法人証拠金の適用は行わず、個人も法人も一律4%(レバレッジ25倍)の証拠金を適用しております。)
平成29年2月27日(月)以降、全ての法人の証拠金率算出に、日々の相場変動を踏まえたリスクに応じて算定する方式(以下、「HV(ヒストリカル・ボラティリティ)方式」といいます)が導入されます。

【制度変更後の証拠金適用ルールについて】

当社では個人についても法人に適用される下記の証拠金を適用します。
・レバレッジ倍率を25倍を上限とし、相場変動等により、HV方式で算定したレバレッジが25倍を下回る場合には、HV方式に基づく証拠金率を適用します。
(レバレッジ25倍上限付きHV方式、東京金融取引所にて算出・公表)

【制度変更日】

2017年2月27日(月)

※証拠金基準額の見直しは、週の最終取引日を算出基準日として算出し、翌週の最初の取引日に公表し、翌々週の取引に適用します。
(これまでの運用と変わりません)

※本制度変更の詳細につきましては、東京金融取引所ホームページ(取引所為替証拠金取引における法人顧客に対する証拠金制度の変更について)をご確認ください。

※変更後の証拠金基準額は、変更以前から保有している建玉および繰越注文の発注(必要)証拠金額にも適用されます。

※本制度変更内容をご理解の上、お客様にはポジション管理に十分ご注意いただきますようお願いいたします。

ピックアップコンテンツ

  • 杉村太蔵氏 講演 フジトミの日経225・NYダウ投資セミナー
  • 岸博幸氏 講演 日経225投資セミナー
  •