株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

FUJITOMI market NEWS

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

3月25日(月)今週の商品相場見通し

2019年03月25日

世界的な景気減速懸念から週末にNY株式市場が急落しており、需要後退観測から海外原油も急落しました。WTIは高値から一時2ドルも急落するなど、短期的には60ドルでの目先の目標達成感もあります。
東京原油は円高も影響し、一時、4万4000円割れもみせましたが、さらなる円高進行と海外原油の一段安も予想されるため、4万3000円台半ばまでの下げも予想されます。ただ、4月になれば、サウジとベネズエラの減産を認識して海外原油は買い直されるとみて、4万4000円以下は買い下がっていきたいです。
円高の影響で東京金も週末に売られましたが、今後とも円高を警戒すべきです。目先はイギリス議会でのEU離脱修正案が可決されるかどうか注目されますが、否決されれば、合意なき離脱の可能性が高まるため、NY金が急伸することになり、東京金の上昇も期待されます。じっくり買い場を探したいです。
株価急落で白金・パラジウムが急落しています。白金は3000円を壁にする軟調地合いが予想されますが、パラジウムの5100円以下は買い下がっていきたいです。アメリカでの今後の需要拡大の方向性に変わりないためです。
東京ゴムはどこまで行っても戻り売りスタンスで、買いは避けるべきです。RSS先限は190円を壁にして180円を試すとみています。
東京トウモロコシは、主産地のアイオワとネブラスカの大洪水の影響が深刻化しており、シカゴコーンの強調地合いが続くとみて、円高での下押しは買い拾っていきたいです。今年は大相場を形成する可能性もありそうです。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • 個別WEBセミナー
  • リモートサービス