株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

FUJITOMI market NEWS

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
マーケット情報

2月1日(月)今週の商品相場見通し

2021年02月01日

フジトミ チーフアナリスト齋藤和彦より、2月1日の週の商品相場見通しをお送りします。

 NY銀相場が2日で10%以上も急騰しており、貴金属の波乱要因になっています。
 掲示板「レディット」において、銀を生産する企業の株式や銀関連のETFの購入が呼び掛けられ、その結果として銀は急騰しています。
 「レディット」において、推奨されたゲームストップ株が400%以上も急騰するなど、個人投資家がかなり注目しているサイトだけに、その影響でNY銀が急騰し、金と白金も追随して一時急騰をみせました。しかし、金・白金ともいずれも高値から急落するなど、弱気なファンダメンタルズが値崩れをもたらし、格好の売り場提供になったとみられます。
 今週も銀によって翻弄される可能性も予想されますが、特に実勢悪の白金の弱い流れは続くとみられます。
 半導体不足による世界規模での自動車生産の縮小から、触媒需要の大幅減少は避けられず、NYパラジウムは大幅急落しています。

 夜間取引で白金標準は3700円を回復しましたが、今週も戻り売りスタンスは維持すべきです。

 円安分、金標準は6200円を維持することになりそうですが、6200円台後半は売り上がりたいです。

 自動車生産の縮小懸念を無視して、ゴムは急反発しています。中国の旧正月前の買い付け期待もあるとみられますが、実際の買い付けはここ数年みられず、旧正月期間に急落することも多くなっています。タイヤ需要の不振を踏まえて、今週は売り上がりたいです。

 原油は基本、戻り売りスタンスを維持したいが、海外原油の下げも限定的だけに、売りの回転を効かせたいです。夜間取引での戻りを狙って売りを仕掛け、日中取引で買い戻すパターンです。

 トウモロコシは、買いを維持すべきです。中国の米国産トウモロコシの大量買い付けが明らかになり、シカゴの急騰が続いており、2月に一段の上昇が期待されています。人気低迷のため、上値は重いですが、いずれ2万8000円を試すとみています。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • 日本証券業協会
  • 証券・金融商品あっせん相談センター
  • リモートサービス