株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

FUJITOMI market NEWS

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
マーケット情報

東京金はNY金の急伸を好材料に急反発

2019年05月14日

5月14日火曜日の東京金は、NY金の急伸を好材料に急反発しており、期先4月限は前日と比較して 46円高の 4,566円で取引を終えました。

米中の貿易摩擦拡大によって週明けのNY株式市場が大幅安を強いられ、さらに中東情勢の地政学リスクが加わり、ようやく安全資産として、NY金は買い進まれました。その結果、1300ドル台に急伸し、アジア時間帯では前日の高値を更新する動きもみせています。

前日、UAE沖で4隻のタンカーが攻撃を受けたことで、一時、海外原油相場が急伸しましたが、これによって、サウジとイランの軍事衝突に発展するとの見方もあり、これが地政学リスクの高まりにつながったといえます。

さて、NYダウ先物は再開後に急伸したことで、朝方上伸していたNY金が値崩れをみせており、引き続き、株式市場の動向が金市場の大きなカギを握ることになるでしょう、

東京金は4570円まで急伸しましたが、円高基調に変わりはなく、上値追いは避けるべきで、不安定な相場つきが予想される中、臨機応変に対処すべきです。

金の連想で大きく買い直された白金に関しては、戻り売りを狙いたいです。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス