株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

FUJITOMI market NEWS

ピックアップコンテンツ

  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • TOCOMスクエア
  • リモートサービス
マーケット情報

東京金は小幅続落

2019年05月16日

5月16日木曜日の東京金は、NY金の水準切り下げを受けて小幅続落となり、期先4月限は前日と比較して 3円安の 4,553円で取引を終えました。

NYダウ先物が再開後に急落したため、NY金はヘッジとして買われるとみられましたが、その期待とは裏腹にNY金も一緒に下げを強いられました。1300ドルでの上値の重さや金ETFの減少が売り材料になったと考えられます。

このNY金の値崩れに円高が加わり、東京金は4550円割れをみせるなど、続落し、取引水準を徐々に切り下げています。円高基調に変わりないだけに、4550円割れも金の買い場にはならないでしょう。東京はしばらく、取引水準を切り下げる、軟調地合いが予想されます。

東京白金はまた3000円割れをみせました。NY白金の850ドル割れと円高が圧迫要因ですが、NY白金期近7月限の整理商いが6月に本格化し、それによって下げに拍車がかかるとみられます。このため、3000円以上は売り上がりたいです。

一覧へ戻る

ピックアップコンテンツ

  •  
  • リモートサービス