株式会社フジトミは投資サービスをはじめ、保険・環境関連サービスをご提供致します。

原油価格を左右する要因

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • トレーダーズショップ
  • リモートサービス
商品先物取引TOP

原油価格を左右する要因

原油価格を左右する要因

【NY原油の価格推移】

(日足、2018年1月~2020年8月14日まで)

出所:Bloombergのデータを元にフジトミ作成

【マイナスとなった原油価格】

NY原油先物の価格は今年の4月20日に一時1バレル「マイナス40.32ドル」を記録しました。
物の価格がマイナスになるというのは、「原油を持って行ってくれたらお金を支払います」という状況です。

原油価格がマイナスになった理由は、目先の需要減と供給過剰です。
原油先物取引で成立した取引は、途中で決済しなければ納会日に受け渡しがおこなわれます。しかしながら、受け渡しがおこなわれるオクラホマ州のクッシングの原油タンクは満タンで入りきらない状況でした。
そのため、原油先物を買って現物を受け取ろうとしても保管ができる状況ではありませんでした。
なお、原油価格がマイナスだったのは、4月20日と4月21日の2日間で、その後は回復し、現在の原油価格は1バレル40ドル台半ばで推移しています。(2020年8月20日現在)
原油価格の回復は5月1日からの8月まで日量970万バレル減産がOPECプラスで決定されたことに加え、米国の原油掘削のリグ稼働数も減少したこと(米国内の原油生産が減少したこと)が挙げられます。
なお、8月に入りOPECプラスの減産量は770万バレルに縮小しましたが、8月20日のOPECプラスでは、減産量の維持が見込まれます。

【米国の原油掘削リグ稼働数の推移】

(週足、2018年1月~2020年8月14日まで)

出所:Bloombergのデータを元にフジトミ作成

原油価格を左右する重要なファクターは需給バランスですが、新型コロナウィルスの影響で需要減が見込まれる中、価格動向を巡り産油国の思惑も絡み合う状況となっています。
新型コロナウィルスの経済へ与える影響や株価動向、各国の生産動向、ブレークイーブンコストとの兼ね合いなど、今後の原油価格動向も目が離せなくなっています。

【資産運用のポートフォリオの1つに原油投資】

フジトミでは、原油や金をはじめとした商品先物取引を、対面(コンサルタント)取引、オンライン取引の2つのチャンネルでご提供しています。
資産運用をおこなうポートフォリオの1つに、是非、コモディティ投資をご検討ください。

〇対面取引のお問い合わせや口座開設をご希望の方は、以下の電話番号にご連絡ください。

電話でのお問い合わせ

東京本社
大阪支店

〇オンライン取引の詳細や口座開設等については、

「オンライントレード専用サイトFits」

をご覧ください。

ピックアップコンテンツ

  • 個別WEBセミナー
  • Fujitomi market news
  • リモートサービス